« 「月刊 eビジネスは何処に 2017年5月号」を公開しました | Main

May 19, 2017

電子チケット関連の特許の無効審判について

 特許庁の口頭審理・証拠調べ・巡回審判期日のページを時々見ているのですが、電子チケット関連の技術の特許に関して、無効審判が起されていることを最近知りました。無効2016-800102と無効2016-800103です。

 電子チケット発券アプリのtixeeboxを提供しているLive Styles株式会社が保有するチケット処理方法およびプログラム(特許第5362134号)プログラム(特許第5436718号)という特許に対して、ファンクラブ運営・電子チケット技術のEMTG株式会社が無効審判を起こしています。
 Live Stylesの特許のページには、上記の2つの特許の概要が示されています。アプリに届いたチケットをもぎるだけで入場が可能となる技術に関する特許です。その他、「チケット処理方法およびプログラム(特許5256372号)も有していることが示されています。

 EMTG株式会社も同じようなビジネスを行っているようですので、Live Stylesから警告されているのかもしれません。
 来週火曜(5/23)に経済産業省別館1階の第一審判廷で、この無効審判の口頭審理があるのですが、授業が入っていて聞きにゆけません。結果がでてから、詳しく解析したいと思います。

|

« 「月刊 eビジネスは何処に 2017年5月号」を公開しました | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/65300773

Listed below are links to weblogs that reference 電子チケット関連の特許の無効審判について:

« 「月刊 eビジネスは何処に 2017年5月号」を公開しました | Main