« リクルートのポンパレモールはまだ本気ではない? | Main | 衣料品のネット販売をモールが取り込む動き »

January 30, 2013

医薬品のネット通販を巡る争いは終結していない

 先々週、日経BPのITproのサイトが、医薬品のネット通販を巡る争いがついに終結と報じていました。しかし、今月21日の日経MJに「薬の通販、ルール急務」という記事があったように、これから政府がルールを作る必要があるという段階です。ケンコーコムなどは、さっそくネットで医薬品を販売し始めていますが、ドラッグストア協会はドラッグストア各社に対して「法令整備まで自粛してほしい」と言及した、とのこと。目先の売上を考えるよりも、安全性のことを考えて行動してもらいたいところです。

 私としては、1類の医薬品をネットで販売するのは慎重であるべきと思います。1類の医薬品の中には、厚生労働省が医療費削減を狙って大衆薬に転化を認めた「スイッチ薬」があります。胃薬のガスターなどがそうです。これらの薬の中には副作用の強いものもあり、ネットでの販売は心配です。

 早く政府が、医薬品のネット販売の方針を固めてほしいです。

|

« リクルートのポンパレモールはまだ本気ではない? | Main | 衣料品のネット販売をモールが取り込む動き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/56663338

Listed below are links to weblogs that reference 医薬品のネット通販を巡る争いは終結していない:

« リクルートのポンパレモールはまだ本気ではない? | Main | 衣料品のネット販売をモールが取り込む動き »