« AISASベースの統合モデル | Main | ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 »

February 12, 2012

志賀高原スキー場のキーカードシステムSkilineを使ったCRM

 先週、志賀高原スキー場にスキーに行ってきました。そこのスキー場の改札ゲートのシステムが今シーズンから変更になり、リフト券も昨年までのICチケットから、「キーカード」タイプに変わりました。キーカードはこれまでのように非接触で(SUICA/PASMOのように)利用でき、使用方法は以前とだいたい変わらないのですが、今シーズンから自分のリフト/ゴンドラ乗車履歴をネットで見れるようになりました。

 自分のリフト/ゴンドラ乗車履歴を見るためには、オーストリアの会社が運営するSkilineというサイトを使います。キーカードのリフト券番号を入れると、何時にリフト/ゴンドラに乗車したかや、トータルの標高差や距離も集計されます。これはありがたいです。また、私は使っていませんが、SNS機能で情報共有もできるようです。

 ご参考までに、私のリフト/ゴンドラ乗車履歴を載せておきます。(そんなにばりばり滑っていないことがばれてしまいますが。)
Skiline20120206

 スキー場のメリットとしては、これまでのICチケットのシステムでも利用者のリフト/ゴンドラ乗車履歴は蓄積できたでしょうが、リピータの情報が入手できるようになったことで、CRMをさらに進めることができるようになるでしょう。シーズン券利用者以外で1シーズンに何回も来ている利用者は、これまでは別々のリフト券だったので、同一人物かが分からなかったでしょうが、Skilineに自分が使ったそれぞれのリフト券番号を入れるようになると、同一人物が来ていることが分かるようになるためです(これまででも、クレジットカードで購入した場合、同一人物かが判断できたかもしれません)。

 さらに、デパートが買い回り分析しているように、リフト回り分析のような分析もできるでしょう。天候や気温などのコーザルデータを使った分析や、単独かグループで来ているかの分析、初心者か上級者かを推定(何分で降りてきているかでわかるはず)したうえでの分析も行えそうです。

|

« AISASベースの統合モデル | Main | ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/53967400

Listed below are links to weblogs that reference 志賀高原スキー場のキーカードシステムSkilineを使ったCRM:

« AISASベースの統合モデル | Main | ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 »