« ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 | Main | ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012でのCoTweetのデモと東急ハンズの講演など »

February 29, 2012

「座席管理システム」(新幹線などの車内改札を不要にする仕組み)の特許侵害訴訟

 知財高裁の判決情報を調べていてたまたま見つけた、特許権侵害の訴訟事件平成23(ネ)10013についてです。この事件は、座席管理システム(特許第3995133号)という特許を持つ個人発明家がJR東日本を訴えていた事件で、先月、知財高裁は、JR東日本はその特許権を侵害していないと判断して、その個人発明家の控訴を棄却し、JR東日本勝訴の判決を言い渡しました。少し解説しますと、この特許は、新幹線の指定席車両内で車内改札をしなくていいようにするシステムに関する発明です。JR東日本では、新幹線などで、指定席券の販売状況とその券が自動改札を通ったかという情報をもとにして、席についていることが問題ないと見なされる乗客には車内改札をしていません。その仕組みに関する特許です。その個人発明家は、自分の特許をJR東日本が侵害しているとして訴訟を起こし、差し止めを求めていました。

 その知財高裁の判決内容については、知財判決 徒然日誌などで解説されていますので、関心ある方はそちらを参照してください。

 私が気になったのは、その個人発明家とJR東日本とのやりとりです。その個人発明家のWebページを偶然見つけたのですが、JR東日本とのやりとりが細かく記載されていました。

 JR東日本の問題として感じたのは、個人発明家に対する態度です。「当社の信用を傷つけ、あるいは当社の業務を妨害する等々のことをなさらないように予めご注意申し上げます」というような文章は決して用いないほうがいいと思います。大きな会社がこのようなことを言うと、脅されたと感じる人もいるでしょう。失礼だと思います。特許侵害を訴えることを発明家の正当な権利です。特許を評価した上で「しかしながら、侵害はしていません」というような態度をすべきでしょう。こんな失礼な対応をしていると、個人発明家は直接やりとりすることはやめ、パテントトロール(IV社など)に特許を売り渡すようになるかもしれません。そうすると、企業側はもっと大変でしょう。

 ところで、パテントトロールがらみの話しとして、特許庁の口頭審理の予定表によると、昨日、ソニー・コンピュータエンタテインメントとエイディシーテクノロジーとの間の無効審判の口頭審理があったようです。残念ながら、用事があっていけませんでした。聞きたかったです。


[変更履歴](2017/11/17)
 この書き込みの中の一部内容を削除しました。

|

« ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 | Main | ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012でのCoTweetのデモと東急ハンズの講演など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/54106060

Listed below are links to weblogs that reference 「座席管理システム」(新幹線などの車内改札を不要にする仕組み)の特許侵害訴訟:

« ソーシャル時代のキャラクター活用では狙う年代を考慮する必要 | Main | ネット&モバイル通販ソリューションフェア2012でのCoTweetのデモと東急ハンズの講演など »