« December 2011 | Main | February 2012 »

January 31, 2012

AISASベースの統合モデル

 だいぶ前に、ネットのマーケティングの考え方のAISASについて、AIDMAからAISAS/AISCEASへ(2005)AISASに対応する4P(2007)AISASと普及理論との関係(2007)といった書き込みをしました。Attention → Interest → Search → Action → Share というAISASの購買行動モデルの考え方は、ネットの口コミや評判を考慮したマーケティングを考える上で欠かせなくなってきました。その後、あまり触れませんでしたが、電通の本の中に、AISASの実用的な話が出ていましたので、ご紹介します。

 ネットの広告やプロモーションが広く普及してきましたが、マスメディアと併用したほうが、効果を出せるでしょう。場合によっては、クロスメディア広告が効果的な場合もあります。そのため、AISASだけでなく、ブランドとレスポンスの統合、マスとWebの統合などが課題になります。電通ダイレクト・プロジェクトによる先頭集団のダイレクトマーケティングという本の中に出てくる「AISASベースの統合モデル」は、そのようなマスとWebの統合の仕方を分かりやすく表していると思います。

Aisas

 なお、電通の椎名昌彦氏によるAD STUDIES Vol.35 日本のダイレクトマーケティングを総括するにも同じような図が出てきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2012

日本でもソーシャルコマース

 先々月、米国のソーシャルコマースの歴史について書きましたが、最近、日本でもソーシャルコマースの話題がにぎやかになってきました。

 今週、mixiとDeNAがソーシャルコマースで提携することが発表になりました。3月下旬にもmixi内にショッピングモールが開設されるとのこと。SNSの人のネットワーク(ソーシャルグラフ)を活かした集客の方法や評判の伝達方法がポイントになりそうです。

 別な方法として、モールがSNSに出店者のページを作るようなソーシャルコマースの展開方法もあります。楽天市場は、そのようなソーシャルコマースサービスとして、楽天 S4(エスフォー / Super Social Shop Service)というFacebookやmixiなどのソーシャルメディアへの企業ページの制作代行と運用支援のサービスを出店店舗に提供しています。なお、楽天は事前に希望をとったため問題にはならなかったようですが、じゃらんnet(リクルート)は、宿泊施設の了承を得ずにFacebookページを作ってしまったため、宿泊施設側の反発を買ってしまう結果になりました。ソーシャルコマース対応で囲い込みを狙ったのでしょうが、勝手な進め方はまずいでしょう。

 関連した話ですが、Yahooショッピングは、出店社が簡単にスマホアプリを構築できるサービスを無料で提供し始めました。今のところ、ベストショップのみの導入のようですが、スマホ経由の販売の機会を逃さないため、スマホで各出店社がアプリでプロモーションできるよう支援することもモールにとって重要でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2012

食べログ・ヤフー知恵袋のやらせ問題

 先々週の話になりますが、食べログの「やらせ業者」のことがニュースになりました。また、今日になって、ヤフー知恵袋でもやらせ投稿というニュースも報じられました。しかし、知恵袋に関しては日経デジタルマーケティング2011年11月号にヤフー知恵袋で“やらせ”代行業という記事があり、既に私は知っていました。多くのクチコミサイトに対して、やらせ業者がはびこっていることがうかがえます。

 やらせ問題の対策については、日経レストラン編集部のブログの「食べログ」やらせ投稿を考えるが参考になると思います。編集長のご意見は、以下のようなものです。

・このニュースに接した飲食店経営者が抱いた感想は「何をいまさら」でしょう。
・「食べログ」自身が解決すべき問題
・口コミサイト自身が、やらせ投稿の影響をできる限り小さくできるよう、評価システムをより精緻なものにしていくのが本筋

 このブログ記事のコメントも必見です。飲食店のみなさんの実際の声が出てきています。やはり、クチコミサイトの影響力が大きくなってきていますが、評価するための敷居が高いなど、一部の人しか評価できない状況であるため、やらせ業者に頼るしかない中小の飲食店が少なくないようです。

 WOMマーケティング協議会のガイドライン委員長の藤代裕之は、「食べログ」だけではない ネットでやらせがはびこる理由というコラムの中で、行政による規制強化は避けるべき、というご意見ですが、自主的な取り組みでは解決しないように思われます。

 私としては、日経レストラン編集長の主張を支持します。口コミサイト自身が評価システムをより精緻なものにしていくことが必要でしょう。そのためには、行政側から厳しいガイドラインが提示されるのが望ましいかもしれません。やらせの温床にならないようなシステムにしてもらわないと、口コミサイトの発展もないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »