« ITpro EXPO 2011のセミナー受講(日経デジタルマーケティング読者向けのセミナーなど) | Main | 書評「Business Model Generation」 »

October 28, 2011

プライスラインの逆オークションの特許が日本でも成立

 10年位前に話題になった米国プライスライン社(Priceline)の逆オークションの特許が最近日本でも成立しました。今週、その特許公報が発行されました。審査請求が遅く、さらに審判になったので、今頃になって成立しました。その特許とは、条件付購入申込管理システム(特許4803852)です。プライスライン社は、普通の旅行予約の機能のほかに、航空便・ホテル・レンタカーへの指値(name your own price)の機能も提供していて、それが売りになっています。その指値の仕組みを特許化したものです。

 日本で成立した特許を、米国特許と比べるみると、請求項に「所定期間内に前記顧客が提出した前記条件付購入申込の数が前記所定期間内に提出可能な条件付購入申込の数を満足しているかどうかを判断」という構成が加わっています。これは必須ではないかもしれませんが、普通にはありえる構成でしょう。ですので、回避はできるかもしれませんが、すごく簡単という感じではないでしょう。なお、この特許の和訳には変なところが多くあります。審査官の方は読むのに苦労されたと思われます。

 ついでに、ここ1年位に成立したビジネス方法特許(ビジネスモデル特許)の中から、実際のビジネスに利用されていそうなBtoBものを 3つほどご紹介します。

 旅行関連では、エムオーツーリスト株式会社の特許旅行者所在地情報通知サーバー及び旅行者所在地情報通知システム(特許4553543)は、BTM(Business Travel Management)に関する特許で、旅行者所在地情報を旅行者の家族等が閲覧する場合のパスワードの管理も含む構成になっています。この特許は、エムオーツーリストのBTMベタープラン(BeTTER PLAN)サービスの中の、 危機管理支援システム「いまどこ検索」の仕組みの特許と思われます。

 大手企業としては、大和ハウス工業の特許で、土地仲介システム,土地仲介方法,及び土地仲介プログラム(特許4625191)が成立しました。土地需要条件に合致する土地供給情報を選別する土地仲介システムに関する特許です。この特許は、土地オーナーとテナント企業を仲介するLOC事業の仕組みに関するものと思われます。大和ハウスは、LOCのような仕組みでユニクロなどの郊外店の展開を支援しています。

 三菱東京UFJ銀行とNTTコミュニケーションズとの共同出願の電子記録債権消込支援システム及び電子記録債権の消込支援方法(特許4550156)も昨年成立。この特許は、三菱東京UFJ銀行が設立した日本電子債権機構(JEMCO)が運営する電子手形サービス電手(でんて)の仕組みに関する特許と思われます。

 というように、重要と思われる特許がいろいろと成立しています。

|

« ITpro EXPO 2011のセミナー受講(日経デジタルマーケティング読者向けのセミナーなど) | Main | 書評「Business Model Generation」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/53101688

Listed below are links to weblogs that reference プライスラインの逆オークションの特許が日本でも成立:

« ITpro EXPO 2011のセミナー受講(日経デジタルマーケティング読者向けのセミナーなど) | Main | 書評「Business Model Generation」 »