« Androidはタダじゃない | Main | Tokyo Disaster Fantasies(大災害があっても日本人がある程度冷静でいられる理由) »

July 18, 2011

中国の技術輸出入管理条例「改良技術は改良した企業のもの」

 一昨日(先週土曜)のNHK 週刊ニュース深読み「"新幹線"特許を中国が申請!?」という番組の中で、 中国には「改良技術は改良した企業のもの」という制度があると報じていました。その制度のせいで、日本が提供した技術が中国のものになってしまった例がある、という話でした。

 気になったので、少し調べてみましたところ、この制度は、技術輸出入管理条例(このリンクは、中国 唐山市日本事務所による日本語訳)というものでした。第27条に上記のような規定があります。これは、中国がWTOに加入する際にもうけられた制度で、知財に関して中国企業に有利な条件の制度です。つまり、知財について自国企業を防衛するための国策的な制度と思われます。

 この制度があるために、技術提供には十分な注意が要るということです。中国進出を支援する法律事務所などが、この制度について注意を喚起しています。また、中国本土を避ける方法もあります。例えば、特許に力を入れている中小企業の大成プラスは、台湾の企業としかパートナーシップを組まないという方針で、自社技術を守っているとのことです。

 ところで、中国の鉄道技術が外国で特許をとれるかどうかですが、すごく単純な改良のレベルと判断されれば、進歩性(非自明性)の面で拒絶されるかもしれません。そうなると、中国も技術の輸出の厳しさを今後感じることになるでしょう。この辺りも、今後注目したい点です。

|

« Androidはタダじゃない | Main | Tokyo Disaster Fantasies(大災害があっても日本人がある程度冷静でいられる理由) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/52246530

Listed below are links to weblogs that reference 中国の技術輸出入管理条例「改良技術は改良した企業のもの」:

« Androidはタダじゃない | Main | Tokyo Disaster Fantasies(大災害があっても日本人がある程度冷静でいられる理由) »