« May 2011 | Main | July 2011 »

June 23, 2011

梅棹忠夫と日本語版Wired再創刊号

 6月5日夜にNHK教育テレビで放映されたETV特集 暗黒のかなたの光明 ~文明学者 梅棹忠夫がみた未来~の中で、梅棹忠夫は、科学というものはコントロールできないことを指摘続けていたことが取り上げられていました。今回の原発事故の背景を深く考えるのに役立つ番組でした。例えば、梅棹忠夫の著書の中から次のような文章が引用されていました。

いま 現存する科学知識を全部消滅させることができても人間はまた おなじことを やりはじめます。
真実をあきらかにし 論理的にかんがえ 知識を蓄積するというのは人間の業なんです。(「未来社会と生きがい」1970年より)

 それ以外にも、私のほうで調べてみたところ、次のような文章もありました。


 科学というものは一般に理性的な営みと考えられているけれど、そうではなくて、科学をつき進めてゆく力はむしろ一種の衝撃 ― 知的衝撃というものだと思うんです。はね返りのことはあまり考えない。
(中略)
あとでゆっくり整理してみたら、はね返りがあったということもわかるし、それをコントロールすることもできるけれども、いまやっている科学を進めている力は、あまり分別くさいものではない。むしろ盲目的衝動に近いたちのものじゃないでしょうか。
(中略)
 私がいいたいのは、生活上の欲求から課されたさまざまな課題があって、それをみたすために科学が生まれたのではないということです。もっとなにか、科学を生み出す生命的な欲求の方が、先にある。それが根底にあるものだから、科学はさっきからの話のように、じきに日常体験から離れたところにいってしまう。常に迂遠なところに走ってゆくという性質をもっているんです。
人間にとって科学とはなにか (湯川秀樹・梅棹忠夫 著、中公新書、1967)より。

 このような考え方は、梅棹忠夫だけの意見ではなく、技術の哲学という本の中には、ハイデガーも、技術のコントロールができないことを指摘している(まだハイデガー本人の本は未入手)と述べられています。

 関連する話として、今月、日本語版Wiredの再創刊号が出版されましたが、その中に、世界はすでにコンピューターに支配されているという記事がありました。既にもう人間がすべてをコントロールすることはできない世界になっていることが実感されます。しかし、ある程度は人間がコントロールできないといけないわけです。政策的な課題として、いろいろと頭をひねる必要があるでしょう。

[追記] (2011/6/25)
 上記のWiredの記事ですが、出版前に人工知能に詳しい人(AI専攻の大学院生など)にチェックしてもらったほうがよかったかと思いました。用語の訳の変な箇所が何か所かあります。明らかな誤訳もありました。世界はすでにコンピューターに支配されている(3/3)に「ルンバは、部屋にある障害物をすべて把握しないし」とありますが、原文では、"which doesn't initially know the location of all the objects in a room" です。ルンバは、部屋の中を回って掃除しながら障害物を学習しているはずです。ですので、「最初は把握していない」と、正しく訳して欲しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2011

アップルのiTunes MatchとMP3.com/Lalaとの関係

 先週、アップルがiCloudを発表しました。正式なリリース文や、ITmediaの記事などがあります。この発表の中でアマゾンのCloud Driveと違う特徴的な機能は、iTunes Match でした。自分が持っているCDをリッピングしてアップロードしなくても、アップルのiTunes Storeで販売している曲の中にあれば、その曲のDRMフリー版を利用できるようになるとのこと。米国だけのサービスですが、利用者には魅力的なサービスでしょう。アップルとしても、各々の利用者がアップロードするよりも、クラウド上の容量を少なくできます。

 今週になって気が付いたのですが、このiTunes Matchのサービスはどこかで聞いたことのありました。以前、米国でMP3.comが、2000年に "My.MP3.com" というサービス名で似たようなサービスをしていました。CDを持っている利用者は、そのCDの曲をMP3.com
から聞くことができました。しかし、このサービスはレコード会社から著作権法上の複製権の侵害で訴えられ、MP3.com側が敗訴してしまって終了しました。(このような経緯があるので、アップルはiTunes Matchを発表するためにレコード会社の了承を取り付けたと思われます。)

 MP3.comの後も、一時、音楽配信サービス会社の Lala が似たようなサービスをしていました。アップルは、2009年にそのLalaを買収しましたが、翌年そのサービスを終了させました。そして、そのサービスが、今年秋、iTunes Matchになって再開されるわけです。しかし、Lala ではストリーミングで聞けましたが、iTunes Matchではダウンロードできるだけで、ストリーミングでは聞けません。このあたりは、レコード会社の了承を得られなかったのでしょう。残念です。

 なお、将来的には、書籍についても、紙の本を買った人は自炊(自分で本を裁断してスキャンしてデジタル化)しなくても、ネット上のデジタル版を利用できるようになるのが望ましいでしょう。そうなれば、電子書籍も普及するでしょう。アマゾンで本を買えば、その本のデジタル版もネットで利用できるようになる、といったサービスを期待したいです。そのためには、出版社の同意が必要です。ですので、まだまだ先の話になりそうです。または、著作権法の複製権を少し緩めるような改正をしたほうがいいかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2011

放送大学「格差社会と新自由主義」と幸福度指標

 放送大学で今年4月から放送されている格差社会と新自由主義という科目がおもしろいです。新自由主義的な市場化政策によって格差が広がっていることや雇用が不安定化しているなどの問題を学び、その上であるべき経済/社会政策を考えさせる内容です。これまでは、経済学や社会学の面から学んでいて、今後は哲学の話(正義論)も出てきます。

 新自由主義に立脚した政策は、経済活動を最大化させることはできるのかもしれませんが、社会的には多くの弊害を生みます。ですので、多面的に考える必要があるテーマであり、このような構成の科目で考えるのは適切だと思います。

 また、最近では、経済的な豊かさの指標だけではなく、幸福度指標のような考え方も出てきました。幸福度指標の制定に関する番組として、先週、NHKで、クローズアップ現代幸せのモノサシ~指標づくりの模索~という番組が放送されていました。その番組の中では、まず、OECDが幸福度を測定する11項目の「より良い暮らし指標」を発表したことが取り上げられていました。その狙いですが、OECDの統計局長は「大事なのは個人です。経済ではありません。」と語っていました。経済の発展だけを目指してはいけない、ということです。また、幸福度を上げるためのブータンや荒川区の取り組みも紹介されていました。そのような取り組みを見ていると、新自由主義への疑問をより強く感じてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »