« 「戦略的な情報システムの事例集」を更新 | Main | 今月のダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの特集は「ソーシャル・メディア戦略論」 »

March 28, 2011

大きな災害の後はネットよりもリアルの流通・小売りが頼りになる

 今回の震災後の生活物資の流通で強く感じた点ですが、大きな災害の後はネット販売があまり役に立たず、リアルの流通・小売りが頼りになるということです。

 リアルの流通・小売りはがんばっています。3月16日の日経MJの1面には、イオン・ローソン・セブンイレブン・食品卸各社・東邦薬品(医薬品卸)といった企業が、いち早く被災地に食料などの生活必需品を届けるためにがんばっていることが取り上げられていました。ローソンについては、被災地におにぎりを届けようと奔走していることがテレビでも報道されていました。また、3月25日の日経MJによると、しまむらが自社物流網を使い、被災地に肌着や靴下などを届けることを始めたようです。さらに、本日の朝日新聞には、岩手県山田町の地元スーパーが、店を流されてしまったため、車で被災地を回ったり青空市を開いたりして地元に食料品を届けていることが報じられています。やはり、リアルの流通・小売りは何かあった時には心強いです。

 他方、ネット企業については、ヤフーやグーグルは被災者に役立つ情報や交通・計画停電などを豊富に素早く提供することで貢献していると思います。しかし、ネット販売では、必要なものがすぐに品切れになってしまうなど、大きな災害の後ではあまり役に立たないことがわかりました。特に、楽天市場はあくまでも市場であり、自分で商品を用意することはしないので、大きな災害の後は頼りないです(募金活動はしているようですが)。楽天オークションでは、品薄の電池を出品している業者もいて、心が痛みます。リアルの店とは違い、ネット上の店には「心」が感じられません。

 ネット販売は通常時は便利ですが、地元の店がなくなってしまわないために、できるだけ地元の店で購入することが大事だと思った人は少ないないと思います。

[追記](2011/4/27)
 関連した情報を追加しておきます。

「商品届けるのが使命」母が不明、店舗損壊のスーパー社長(産経新聞 2011/03/19)

東日本大震災 ヨークベニマル「生活守る」使命感が支え(日経MJ 2011/04/1)

ローソン、移動販売車を被災地へ(産経新聞 2011/04/13)
食料品などコンビニの商品を扱う移動販売車「モバイルローソン号」を、東日本大震災で被災した東北地方に向けて出発させた。

ヨーカ堂、小売りの底力 物流網、急ピッチで立て直し(Business i. 2011/04/02)

・「全然商品が手に入らないとか、いつ入るか分からない状況を早く戻して、心配しないですむようにしていくのが、最低限の我々の社会的責任」(カンブリア宮殿 2011/4/21 物流大混乱に立ち向かえより、イオングループ 岡田社長の言葉)

|

« 「戦略的な情報システムの事例集」を更新 | Main | 今月のダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの特集は「ソーシャル・メディア戦略論」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/51237324

Listed below are links to weblogs that reference 大きな災害の後はネットよりもリアルの流通・小売りが頼りになる:

« 「戦略的な情報システムの事例集」を更新 | Main | 今月のダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの特集は「ソーシャル・メディア戦略論」 »