« Android対Javaの知的財産訴訟(双方ともオープンソースなのに) | Main | 「人を切れば、知が流れる」と「Fire and Forget」 »

December 21, 2010

グーグル、評判の悪い企業のランキングを下げるよう検索アルゴリズムを修正

 あまり大きなニュースにはなっていないようですが、今月1日グーグルは、評判の悪い企業の検索結果のランキングを下げるように検索アルゴリズムを修正したことを発表しました。この件は、New York Timesの記事Google Acts to Demote Distasteful Web Sellersに詳しく載っているように、New York Timesの11月28日の記事で、あえて顧客対応を悪く行うことで検索結果の上位に表示されるように仕組んでいた業者のことが報道されたのを受けて、グーグルがすぐに対応したものです。日本では、ITMediaなどで報道されています。

 どのような技術を利用しているかは公表されていません。想像ですが、ブログ検索では、ある単語に関してポジティブかネガティブかを自動判定する技術は既にありますので、そのような技術を用いて、ネガティブ度の特に高いもののランキングを下げるような措置を取っていると思われます。

 なお、アンカータグの中に、rel="nofollow" を記述しておくと、Googleはそれをリンクとして見なさないことになっています。検索結果のランキングを高くしたくない場合(嫌な人や会社のことを自分にブログに書く場合等)は、この記述を加えればいいのですが、このことはあまり知られていません。グーグルは、この記述方法を啓蒙する活動を行なうよりも、ランキング結果を変更するように検索アルゴリズムを修正するほうが現実的と判断したのでしょう。

 私の感想としては、現在、物騒なページがグーグルの検索結果ランキングで高くなっているものがあります。今回の検索アルゴリズムの修正で、そのような物騒なページのランキングが低くなることを望みます。

|

« Android対Javaの知的財産訴訟(双方ともオープンソースなのに) | Main | 「人を切れば、知が流れる」と「Fire and Forget」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/50362989

Listed below are links to weblogs that reference グーグル、評判の悪い企業のランキングを下げるよう検索アルゴリズムを修正:

« Android対Javaの知的財産訴訟(双方ともオープンソースなのに) | Main | 「人を切れば、知が流れる」と「Fire and Forget」 »