« ヤフー・グーグル提携を調査するための自民党の「インターネット検索問題調査研究会」 | Main | グーグル、評判の悪い企業のランキングを下げるよう検索アルゴリズムを修正 »

December 04, 2010

Android対Javaの知的財産訴訟(双方ともオープンソースなのに)

 今年夏(8月)、OracleがGoogleに対して、AndroidがJavaの知的財産を侵害しているとして提訴しました。オープンソースどうしの対立でしたので、すぐに和解するのではと予想していましたが、なかなか解決しません。

 今週月曜(11/29)、産経新聞にアンドロイド訴訟の背景という記事が載りました。 この記事の中で、グーグルはアンドロイドを無償提供していて受益者ではないことから、この知的財産訴訟の問題は難しい、と解説されています。しかし、GoogleはAndroidによって携帯電話(クライアント側)を押さえることで、利用するサービス(サーバ側)の選択肢で優位に立つことを狙っているはずなのです。検索サービスだけでなく、今後は広くクラウドのサービスを展開するでしょう。サーバ側のサービスだけがGoogleに利益をもたらすため、携帯電話側はオープンソースにしてもいいのです。ですので、Googleは受益者であるといえます。しかし、それだけの問題ではありません。

 この訴訟の背景となっているのは、GoogleのAndroid OSに含まれるDalvik VM(Java VM相当)が、Java VMと非互換なところが多いことです。Javaは "Write once, run anywhere"(一度プログラムを書けば、どこでも実行できる)が売りです。ですので、Oracle(Sun)側は、アプリ開発者の便益も配慮してJava(のインターフェース)を守りたいということが一番の理由のようです。さらに問題をややこしくしているのは、両方ともオープンソースであることです。オープンソースのコミュニティでは、7月に書きましたように、ソフトウェアについての知的財産権について否定的です。ですので、Google側は強く反発しています。このあたりの問題の詳細は、日経BPの記事Oracle対Google裁判は、AndroidとOSSの将来を左右するをご覧ください。

 ただし、両方とも初めからオープンソースとして開発したのでなく、一通り開発が終わった後にオープンソース化したそれぞれの企業の戦略的な製品です。特に、上記に示したように、GoogleはAndroidでサーバ側のサービス提供で優位に立つことができるわけです。他方、Oracle(Sun)側は、Javaの影響力が弱まってしまうことの心配が大きいのでしょう。

 オープンソースのコミュニティを巻き込んだ訴訟である(【海外事件簿】オラクルVSグーグルの訴訟を参照のこと)ため、両社が共通善をもたらす「大人」の解決(例えば、Dalvik VMがJava VMとの互換性を高めるなど)に向かうことを期待します。

|

« ヤフー・グーグル提携を調査するための自民党の「インターネット検索問題調査研究会」 | Main | グーグル、評判の悪い企業のランキングを下げるよう検索アルゴリズムを修正 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/50210471

Listed below are links to weblogs that reference Android対Javaの知的財産訴訟(双方ともオープンソースなのに):

« ヤフー・グーグル提携を調査するための自民党の「インターネット検索問題調査研究会」 | Main | グーグル、評判の悪い企業のランキングを下げるよう検索アルゴリズムを修正 »