« IV社にイノベーションの生態系をコントロールさせてしまうのは危険 | Main | 土生 哲也「経営に効く7つの知財力」 »

September 28, 2010

サンデル教授の政治哲学の思想は知財の問題にも役立つ

 今年春、NHKのハーバード白熱教室という番組でハーバード大学のサンデル教授の政治哲学の講義が放送されましたが、先月来日して東大で同様の講義を行なった模様が、日曜にNHKで放送されていました。

 哲学は内省的なもの、というような感覚を持っている人が多いと思います。しかし、サンデル教授の政治哲学の講義では、社会やコミュニティの中での「共通善(common good)」や「美徳の促進(promote virtue)」といった問題を取り上げているため、多くの人々が関心を持つのでしょう。また、その講義が対話形式で行なわれるため、分かりやすく人気なのでしょう。それらの問題に対する講義内容や講義形式は私にも参考になります。
 
 サンデル教授は、コミュニタリアニズム(共同体主義)の代表的な論者です。講義を見ていると、リバタリアニズム(リバタリアン)には批判的な感じです。私自身も、コミュニティや美徳といった問題は人間として最重要と考えるため、コミュニタリアニズムの立場です。経済学的な発想に基づいて個人の自由を最重視するリバタリアンは、どちらかというと性悪説的な発想をしていて、哲学的な思考が足りないと私は思っています。

 知的財産に関しても、創造する人達のコミュニティのことを考えるべきです。発明の完成や発展のためには、研究者や開発者のコミュニティ(学会、地域クラスター、オープンソースコミュニティなど)が重要です。また、創造はとても人間的な行為であり、人間の内面的な高潔な面(社会貢献を目指す美徳など)も反映されるため、どうしても哲学的な面を考える必要があると私は考えます。

 これまで、私は、インテレクチュアル・ベンチャーズ(IV社)のビジネスモデルに否定的と言ってきました。リバタリアンはIV社を肯定的にとらえるでしょう。しかし、私は上記のような哲学的な面からも、IV社の事業には反対です。

 知的財産制度を検討する方々には、経済的な問題だけでなく、ぜひ哲学的な面からも熟考していただきたいです。

[追記] (2010.10.8)
 少し追加します。ハーバード白熱教室の第4回「この土地は誰のもの?」の中の財産権と自然権についての議論は、知的財産制度を考える上で特に重要でしょう。囲い込み運動によって共有地を個人の財産にしてしまうことの是非は、知的財産を強化することの問題にもつながります。また、自然権(ロックよりもホッブスのほうが先のはず)の考え方も重要です。知的財産制度での独占排他権は自然権的ではない、という指摘はずっと以前からあります。

[関連リンク]
 ・日本でも「白熱」サンデル教授(朝日新聞)
 ・来日直前のサンデル教授に独占インタビュー(WSJ:肥田美佐子のNYリポート)
 ・マイケル・サンデル教授 “正義”をめぐる独占インタビュー(SAPIO 2010年8月4日号)

|

« IV社にイノベーションの生態系をコントロールさせてしまうのは危険 | Main | 土生 哲也「経営に効く7つの知財力」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/49590272

Listed below are links to weblogs that reference サンデル教授の政治哲学の思想は知財の問題にも役立つ:

« IV社にイノベーションの生態系をコントロールさせてしまうのは危険 | Main | 土生 哲也「経営に効く7つの知財力」 »