« iPadと自炊代行サービスの違法性 | Main | オープンソースコミュニティはどのような知的財産制度を望んでいるか? »

July 27, 2010

グーグルとヤフージャパンとの提携=グーグルにとっては今後の新事業を狙った展開?

 本日、ヤフージャパンは、今後グーグルの検索技術を使用することを発表しました。米国のヤフーはマイクロソフトの検索技術を使う方針ですが、日本では違った展開になりました。次のような発表や記事があります。

Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために(グーグル)

「総合的に判断して、Googleが利用者に一番良いと結論」ヤフー井上社長(Internet Watch)

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表(ITmedia)

 グーグルは、検索だけでなく、ヤフーの検索連動型広告をバックエンドで支えるが、広告ビジネスをそれぞれが行なうことは変わらないようです。ですので、両社のビジネスの面では、短期的には大きな影響はないと思われます。グーグルは、ヤフージャパンの広告ビジネスのシェアを奪おうというよりも、今後力を入れようとしている他の事業に活かせると思っているのでしょう。検索エンジンを握れば、動画(YouTube)や電子書籍(今後開始予定のGoogle Edition)といったコンテンツへの誘導がしやすくなります。ヤフージャパンは、それらの事業を直接的には展開しないでしょうから、ヤフージャパンにとっても問題はないのでしょう。また、ネットのクラウド化にとって規模拡大がなによりも重要なので、クラウドの面でもグーグルにとっては役立つ提携でしょう。ただ、ヤフージャパンの親会社のソフトバンクにとっては、アップル(iPhone)とグーグル(Andoroid)との板ばさみのようになってしまうのかもしれません。孫社長は少したいへんです。

 なお、ヤフーの検索エンジンを使っている他のポータルサイトにも影響があるでしょう。アウンコンサルティングのサイトに、PC 検索エンジンの相関図(2008年7月現在)があります。2年前の情報ですが、現在でもヤフーの検索エンジンを使っているポータルサイトがあると思われます。それらのサイトも対応が必要です。また、SEO対策をする企業にとっては、グーグルのランキング決定手法への対策だけでよくなくので、少しやりやすくなるでしょう。

 個人的には、マイクロソフトよりもグーグルと組んで欲しいと思っていました。マイクロソフトは、自らのマーケティング戦略のためには何をするか分からないので、私は信用していません。ですので、喜ばしいニュースです。ただし、ヤフーはグーグルの検索結果に多少のカスタマイズをしてほしいです。グーグルは、危ない情報でもあまりフィルタリングしませんので。

|

« iPadと自炊代行サービスの違法性 | Main | オープンソースコミュニティはどのような知的財産制度を望んでいるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/48992449

Listed below are links to weblogs that reference グーグルとヤフージャパンとの提携=グーグルにとっては今後の新事業を狙った展開?:

« iPadと自炊代行サービスの違法性 | Main | オープンソースコミュニティはどのような知的財産制度を望んでいるか? »