« シンポジウム「医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題」を聴きに行きました | Main | グーグルとヤフージャパンとの提携=グーグルにとっては今後の新事業を狙った展開? »

July 20, 2010

iPadと自炊代行サービスの違法性

 iPadの発売を契機に、自分で持っている書籍を裁断し、スキャナでデジタル化(PDF化)して画面で見る利用者が増えているようです。なぜか、そのような利用形態を「自炊」と呼ぶようです。今後は電子書籍の販売が増えるとは思いますが、過渡期として、このような利用のされ方がしばらくは行われるのでしょう。

 このような書籍裁断・スキャンを自分で行うのであれば問題はないでしょうが、代行業者が行うと著作権法で問題です。先週土曜の東京新聞の1面にiPad人気で新ビジネス 本のスキャン代行、違法?という記事が載りました。ブックスキャンスキャポンのような自炊代行サービスは、訴えられれば違法となる可能性が高いのです。個人的に利用するための複製は許されるのですが、「その使用する者が複製」という条件がつくためです。
 
 著作権法に詳しい弁理士の方のブログでも、これらのサービスは違法と判断されるはず、という意見が出ています。
 ・残念ながら現状では複製代行サービスは難しい(テックバイザージェイピー)
 ・研究等の目的による書籍スキャンと私的使用目的複製の抗弁(benliブログ)

 しかし、自分で自炊する場合、機器をそろえるのと裁断・スキャン作業はとても面倒です。ブックスキャンのサイトに、自分で書籍をPDF化される場合という説明をわざわざ載せているのは、とても面倒ということを示して、自分のサービスを使ってもらおうというためでしょう。

 もしも、裁断機とスキャナを自前で用意して預け(つまりハウジングし)、それらを人手をかけずに自動的に動作させるような仕組みの代行サービス(著作権法第30条の「公衆の使用のための自動複製機器」に該当しないようにする必要あり)を提供できれば、「その使用する者が複製」といえるかもしれません(あまり自信はありせんが...)。仮に、そのようにして自炊代行サービスが合法化されれば、書籍だけでなく、新聞や雑誌なども代行してスキャンするようなサービスが行われるでしょう。そうすると、どんな新聞や雑誌でもいち早くiPadのような電子書籍端末で読めることになります。そうすると、電子書籍端末の普及は速いでしょう。

 なお、ブックスキャンとスキャポンのサービス料金がすごく低価格(それぞれ1冊、100円と90円)であることも話題になっています。もしかしたら(というかほぼ確実に)、最初の本だけ裁断・スキャンするが、同じ本を別な人から依頼された場合、すでにPDF化したデータを送るだけでは、という疑問が生じます。もしそうであれば、明らかな違法ですし、悪質といえます。

|

« シンポジウム「医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題」を聴きに行きました | Main | グーグルとヤフージャパンとの提携=グーグルにとっては今後の新事業を狙った展開? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/48923368

Listed below are links to weblogs that reference iPadと自炊代行サービスの違法性:

« シンポジウム「医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題」を聴きに行きました | Main | グーグルとヤフージャパンとの提携=グーグルにとっては今後の新事業を狙った展開? »