« 企業内でのiPadの利用について | Main | iPadと自炊代行サービスの違法性 »

June 27, 2010

シンポジウム「医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題」を聴きに行きました

 昨日(6/26)午後、東京医科歯科大学で開かれた医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題:欧米最新動向というシンポジウムを聴きに行きました。東京医科歯科大学 知的財産本部が中心となって、海外の研究者も呼んで開かれたイベントでした。

 私は医療関係の特許やゲノム特許についてあまり詳しくないので、知識を得るために行きました。内容は興味深いものでしたが、それより医療関係の知財制度では、justice(正義)の観点が重要視されることが特に興味深かったです。やはり、弱い立場の人のことを十分に考慮した制度でなければならないという点は、他の産業とは違います。

 ゲノム特許では、ゲノム等の解明に情報提供の面で貢献した人々や部族の権利として、Informational Property とでもいうようなもの(著作権に近い?)も検討されているとのことで、このような面も今後検討されるべきなのでしょう。

 なお、このシンポジウムの内容は後援した早稲田大学の知財のサイトに載るようなことを、シンポジウム最後に高林先生が言われていました。詳細は、そちらを見てください。

[変更履歴]
2010/9 コメントでご指摘いただいたことから、大学名を修正。

|

« 企業内でのiPadの利用について | Main | iPadと自炊代行サービスの違法性 »

Comments

こんにちは。定期的に閲覧させていただいています。今回の記事、「日本」医科歯科大学ではなく「東京」医科歯科大学ではないでしょうか。

Posted by: 学生 | September 27, 2010 at 10:08 AM

コメントありがとうございました。
さっそく修正しました。
このブログは学生さんには難しい内容と思われますが、是非これからも定期的に読んでいただき、参考にしてください。

Posted by: hatakama | September 28, 2010 at 12:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/48736678

Listed below are links to weblogs that reference シンポジウム「医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題」を聴きに行きました:

« 企業内でのiPadの利用について | Main | iPadと自炊代行サービスの違法性 »