« ツイッターを顧客サービスに利用する米国企業 | Main | 日経新聞のサイトの有料化の問題点 »

March 27, 2010

音楽のサブスクリプションサービスではフリーミアム戦略が必須(ナップスタージャパン撤退を戦略面から考える)

 ナップスターという音楽のサブスクリプションサービスをここ数年間使ってきましたが、今月初め、ナップスタージャパンのサービスが5月末で終了というニュースを知り、がっくりとしました。利用者があまり増えていないとは感ずいていましたので、しかたのないことと思いました。

 Wiredvisionのyomoyomoさんのコラムにも、ナップスタージャパン終了とデジタル音楽の行方という記事が出ていましたし、サービス終了を残念に感じる人は、少なくないようです。

 ただし、撤退はするものの、サブスクリプションサービスの未来がないとは思っていないようです。日経産業新聞2010/3/2の記事によると、今後の音楽配信については、「音楽配信市場の環境もにらみながら、再参入を検討してゆく」(タワーレコード)とのことです。音楽好きにはサブスクリプションサービスはたまらなく魅力ですので、ぜひ再参入を検討してほしいです。

 ただし、もしも再参入する場合には、大きく変わる必要があると私は思っています。特に、次の3点。

1) フリーミアム戦略
 現在かなりの曲は、YouTubeやMySpaceなどで無料で聴けます。ですので、サブスクリプションサービスにおいても、かなりの曲を無料で聴けないと、利用者にはアピールできないでしょう。例えば、2割の楽曲は無料で聞けるが、残りの8割を聞きたい場合には有料会員にならなければいけない、といった仕組みが考えられます。さらに、有料会員になれば、プレイリストの数を増やせたり、そのプレイリストを交換/投稿できる、といった付加的なサービスで魅力を出すのもいいでしょう。以前このブログに書きましたように、フリーミアム戦略で多くの利用者を集めることで、有料会員が少なくても、ビジネスとして成功することが期待できます。1000万人近くの利用者を集めることができれば、有料会員が1割程度でも運用しだいではビジネスになりそうに感じます。以前、世界では音楽配信の無料化が進んでいるという記事の中で取り上げたRhapsodyのように、無料会員の画面には広告が載る、といったビジネスモデルも考えられます。
 また、パッケージ販売との結びつけ方もしっかり設計すべきでしょう。アフィリエイトのような仕組みも望まれます。

2) コミュニティ機能の充実、マイページ機能の提供
 ナップスターユーザーはヘビーユーザーですので、音楽への思い込みは大きいでしょう。ですので、それぞれの曲に対してコメントを付けられるような機能が望まれます。そのコメントを、Towerのサイト(現在クチコミ情報ではHMVに劣る)でも利用すれば、CDの売り上げにもつながるでしょう。また、現在「ミンナノプレイリスト」機能はありますが、ジャンル毎とか年代別に投稿できたほうがいいでしょう。それに、プレイリストに対してコメントを付けられるような機能(またはSNSとの連携機能)があれば、もっと盛り上がるでしょう。
 マイページ機能も提供すべきでしょう。自分の好きなジャンルのニューリリースや、そのジャンルでのおすすめの曲(他の多くのユーザーがプレイリストに入れた曲など)が、マイページに出てくるといいです。

3) マーケティング手段の提供
 レコード会社やアーティストに対して、どの曲がよく聴かれているかや、それも、どの年代にとか、普段どんな曲やジャンルを聴く人に聴かれている、といった情報をリアルタイムに提供することができれば、レコード会社側からマーケティング情報料のような費用をもらうことができ、フリーミアムモデルの確立に役立つでしょう。楽曲の提供も増えることが期待できます。同時に、レコード会社のプロモーションに合わせた機能の充実も望まれるでしょう。

 他に、メジャーな携帯音楽プレイヤーに対応してもらうことも必要でしょう。ドコモの携帯電話で利用するとか、ノートPCでモバイル通信を使ってストリーミングを聴く、といった利用方法はなかなかされないでしょう。なぜか、Walkmanのオーバーシーズモデル(日本で購入できる)はnapsterに対応しているのですが、国内モデルでも対応してもらう必要があります。

 日経ビジネス2006/12/11「タワーレコード 店もネットも売りは「死に筋」」や、月刊アスキー2007年5月号「音楽配信がショップ売り上げアップの火種になる日が来る」といった考え方は間違っていないと思います。ぜひ今後、再参入を検討してほしいと思います。また、日頃、ダウンロード違法化の徹底をうったえている方々は、このサブスクリプションサービスの終了を憂慮すべきです。音楽の違法利用を減らすためには、サブスクリプションサービスの普及が重要だと私は考えます。今後はサブスクリプションサービスに何らかの支援をすべき、といった声が聞こえてきてもいいのですが。。。

[追記] (2010/5)
 欧州でサービスされている音楽配信のSpotifyは、フリーミアムのビジネスモデルのようです。Internet Watchの記事がありました。

|

« ツイッターを顧客サービスに利用する米国企業 | Main | 日経新聞のサイトの有料化の問題点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/47922591

Listed below are links to weblogs that reference 音楽のサブスクリプションサービスではフリーミアム戦略が必須(ナップスタージャパン撤退を戦略面から考える):

« ツイッターを顧客サービスに利用する米国企業 | Main | 日経新聞のサイトの有料化の問題点 »