« インテレクチュアル・ベンチャーズ社のビジネスモデルは規制が必要(「知財の利回り」を読んで) | Main | 週刊ダイヤモンド「FREEの正体」やフリーミアム戦略についてなど »

February 27, 2010

ネット&モバイル通販ソリューションフェア2010での良品計画のマルチチャネル販売に関する講演など

 今週木曜(2/25)に、池袋で開かれていたネット&モバイル通販ソリューションフェア2010に行ってきました。昨年は、ユニクロのマルチチャネル販売の話を聞きましたが、今年は良品計画のマルチチャネル販売と、アマゾンジャパンのマーチャント事業の話を聞いてきました。

 まず、基調講演の良品計画の方の話では、ネットからリアルへの誘導の話が興味深かったです。無印良品のサイトでは、リアル店舗の品揃え情報提供や在庫検索ができるとのこと。やはり、店で見てから買いたい顧客のことを考えるとこのような機能が望まれるのでしょう。また、モバイルサイトの場合には、在庫のある店へのルート検索もできるようにしているとのこと。店舗への誘導は重要ですので、この位の機能を提供するべきでしょう。なお、今月報道されたHISの例では、店頭チラシをiPhoneサイトに変換・配信し、ツアー商品の取扱店舗を地図上から検索できるようにすることで、ネットからリアル店舗に誘導しようとしているようです。リアル店舗を持つ企業のネットの機能として、リアル店舗と同じような商品の探しやすさとともに、リアル店舗への誘導が重要になりそうです。

 展示会では、リアル店舗とネットの連携を可能とするショップ構築パッケージもありました。コマース21というソフトは、ユニクロ・ライトオン・キタムラ・東急ハンズ・ローソン・ヤマハ・ミズノなどで利用されているとのことで、ネットとリアルの連携機能は充実しているとのことでした。

 アマゾンジャパンのマーチャント事業(モール)の話の中では、次の特徴が興味深かったです。
・SDP(Single Detail Page)
 同じ商品を複数企業が出品しても商品のページは1つ、という方針。
・WBB(Win Buy Box)
 上記のような場合に、複数ショップのショッピングカートの順位付けは、価格・リードタイム・評価スコアから自動的に決定。このような機能は、アマゾンの顧客志向のあらわれと言えるでしょう。

|

« インテレクチュアル・ベンチャーズ社のビジネスモデルは規制が必要(「知財の利回り」を読んで) | Main | 週刊ダイヤモンド「FREEの正体」やフリーミアム戦略についてなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/47675270

Listed below are links to weblogs that reference ネット&モバイル通販ソリューションフェア2010での良品計画のマルチチャネル販売に関する講演など:

« インテレクチュアル・ベンチャーズ社のビジネスモデルは規制が必要(「知財の利回り」を読んで) | Main | 週刊ダイヤモンド「FREEの正体」やフリーミアム戦略についてなど »