« 知的コモンズに関する研究と私が執筆中の本について | Main | Webアクセス解析ツール「なかのひと」 »

April 20, 2009

ITパスポート試験の出題傾向

 昨日、1回目のITパスポート試験が行なわれました。 私はこの試験対策の授業を担当しているので、本日、試験問題をIPAのサイトからダウンロードして、出題傾向を調べてみました。

 予想外だったのは、ストラテジ系(35問)の中で、経営学の授業で教えるような「全く経営的な問題」が10問も出題されていたことです。経営理念、株主総会、コンプライアンス、事業部制、SWOT、PPM、ニッチ、コアコンピタンス、プロダクトライフサイクル、BPR といった問題が出題されていました。初級シスアドの出題数の倍近くでしょう。この辺りは、少し暗記すればいいだけなので、得点を稼げるところでしょう。ただし、工学系の学部の学生は、教養の授業で経営学の授業を履修して、正しく理解したほうが確実でしょう。

 その他では、表計算の問題が1問だけだったので、今後は捨ててもいいかもしれません。また、QC7つ道具やER図・DFD図のような図がほとんど出題されていなかった(アローダイアグラムは1問出題)のは少し意外でした。その他の出題は、だいたい予想していた範囲内でした。

 合格ラインは60%になりましたし、午前問題だけになったので、合格率は4割近くまでいくかもしれません。出題傾向から、文系の学生でも取りやすくなったのではないかと感じました。

|

« 知的コモンズに関する研究と私が執筆中の本について | Main | Webアクセス解析ツール「なかのひと」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/44734350

Listed below are links to weblogs that reference ITパスポート試験の出題傾向:

« 知的コモンズに関する研究と私が執筆中の本について | Main | Webアクセス解析ツール「なかのひと」 »