« ロング・テールは嘘?(DHBRの論文に対して) | Main | 革新的なサービス企業の事例を聞きました »

November 24, 2008

[書評] クラウド化する世界

 先月出版された、ニコラス・G・カーによるクラウド化する世界という本を本日読みました。この本はお勧めできます。私には知っている内容が多かったので、2時間程度で読めましたが、クラウドコンピューティングについてあまり知らない人は、何日かかけてじっくりと読むといいでしょう。
 原題は、"The Big Switch: Rewiring the World, from Edison to Google" です。昔、電力のインフラが構築された頃の出来事と、現在、コンピューティングのインフラ(クラウドコンピューティング)が広まろうとしていることを重ね合わせながら、今後、世界がクラウドコンピューティングを広く利用するようになると予測している本です。このように、難しい内容を分かりやすく表現しています。

 この本の著者のニコラス・カーという名前をどこかで聞いたことがあると思っていましたが、P.3(プロローグ)に書かれているように、5年程前、ハーバード・ビジネス・レビュー誌にもはやITに戦略的価値はないという論文を書いている人でした。ITにお金を使うなという本も書いています。

 「クラウド化する世界」の中で、ニコラス・カーは、クラウドコンピューティングが広く普及するであろう理由として、「規模の経済」でコンピューティング利用が大きく効率化されることを何箇所かで示しています。電力インフラ供給に例えて、「情報の発電所」(P.70)という言い方もしています。例えば、グーグルは典型的な企業の十分の一のコストでコンピューティング処理を利用できる(P.80)そうです。
 なお、クラウドコンピューティングの「規模の経済」については、日経コンピュータ記者によるクラウドは“規模の経済”の必然というITpro EXPOの講演でも言われています。その講演では「データセンターを安く高密度に展開し,リソースを遊ばせない事業者がクラウド時代の勝者になる」と予測しています。

 アマゾンがS3やEC2というクラウドサービスを始めた理由が、P.89に示されています。これは知りませんでした。アマゾンは、猛烈なクリスマスセール週間に対応できるだけの大きさにシステムを構築しなければならなかったが、それは年にたった一回しか巡ってこないため、システム容量の大部分はいつも使用されないままだった。システムを貸すことによって、アマゾンは設備稼働率を上げて、コンピューティング全体の経費を大幅に削減することができる。という理由でした。巨大ネットショップ特有の悩みを解決するためのサービスだったのです。

 後半は、クラウドコンピューティングにからんだ諸々の話題が書かれています。知っておいたほうがいいような話がほとんどです。
 怖い話も出てきます。P.275に、次のような話があります。

インターネットの能力、範囲および有用性の拡大がもたらした最も革新的な結果は、コンピュータが人間のように考え始めることでなく、我々がコンピュータのように考えることなのだ。リンクを重ねるたびに、我々の頭脳は「"ここ"で見つけたもので"これを行え"、その結果を受けて"あちら"に行く」ように訓練される。その結果、我々の意識は希薄になり、鈍化してゆくだろう。我々が作っている人工知能が、我々自身の知能になるかもしれない。
 こんなことを言っている人はいます。POLAR BEAR BLOGにも紹介されています。こうならないように、IT教育において気を付けないといけないでしょう。

 訳はほぼ問題無いと思いましたが、一箇所、P.192の "transparent personalization" は、「透過的な個人化」と訳していて分かりにくいです。「人に気付かせないで、個人毎に変えている(パーソナライゼーションしている)」といった表現のほうが分かりやすいでしょう。

 クラウドコンピューティングが広まって、社会のインフラになると思われるため、インフラ独特の次のようなことを考え始めるべきでしょう。
・独占問題。(社会インフラのユーティリティ事業では、独占は許されないため。)
・国内で提供するべきかという問題。(現状、主なクラウドコンピューティングのサーバは海外にあるはず。そのため、例えば、海底ケーブルをテロで破壊されるなどされると、日本では大きな問題になる。)

|

« ロング・テールは嘘?(DHBRの論文に対して) | Main | 革新的なサービス企業の事例を聞きました »

Comments

 はじめまして、futureeye と申します。
 ITの専門家らしいハイレベルのブログに巡り会えましたので、コメントさせていただきます。

 私はITの専門化ではないのですが、5~10年先の未来社会に興味を持っています。現在社会と比べて未来社会が大きく変化しているとすれば、その要因の大半はITの進化ではないかと考えています。ゆえに、クラウド化する世界等の類の書籍をよく読んでいます。

 未来社会は予測するものではなく創り出すものだと思っています。クラウド化する世界等の書籍で指摘されている問題点を解決し、未来社会がより良い社会になるように、問題点を解決する対策案を考え出してブログに書いています。しかし、いかんせん、ITの素人のため、技術的知識の欠乏に悩まされています。今後はこのブログに定期的にアクセスして勉強させてもらいます。

 「クラウド化する世界問題点その1」というブログを書きました。気が向けば立ち寄ってください。
http://d.hatena.ne.jp/futureeye/20081206

Posted by: futureeye | December 07, 2008 at 11:36 AM

futureeyeさん
コメントありがとうございます。
私も5~10年先の未来社会がどうなるかに関心がありますが、私のような教員としては、世の中が悪い方向に行かないように、いろいろと知恵を出してゆくよう心がけています。
ご指摘のように、クラウドコンピューティングが進んで、重要な情報が一握りの企業の手に入っていくこともとても恐い話です。
ビジネスモデル特許に関するエントリーへのコメントもありがとうございました。確かに、多くの人がアイデアを出してゆくことはいいことですね。
時々、futureeyeさんのブログを見に行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

Posted by: hatakama | December 09, 2008 at 11:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/43212202

Listed below are links to weblogs that reference [書評] クラウド化する世界:

« ロング・テールは嘘?(DHBRの論文に対して) | Main | 革新的なサービス企業の事例を聞きました »