« [書評] 高島秀之「NHK改革」 | Main | サイバースペースの秩序のための規範 »

September 27, 2008

世界では音楽配信の無料化が進んでいる

 今週米国でサービスが開始されたMySpace Music(http://www.myspace.com/music、日本ではサービスされていないので別なページにルーティングされる)は、4大音楽レーベルと共同で立ち上げた音楽配信サービスであり、米国ではかなり注目されています。MySpaceは、もともとミュージシャンが多く参加しているSNSですし、メディア・パブによるとミュージシャン向けDIY広告サービスも同時に始まったようです。そのように総合的な音楽の配信/コミュニティサイトとなることを狙ったサービスです。ITmediaの記事もあります。

 そして、MySpace Musicでは、単に音楽を購入する利用形態だけでなく、ある程度の曲数であれば無料で聴ける(30秒だけでなく1曲丸々)のも特徴です。CNetの記事MySpace Music makes its debutによると、4大レーベルの音楽を100曲まで自分のプレイリストに入れて無料で聴ける(ただしストリーミング)とのことです。
 これまでも、RhapsodyFreeNapsterImeemRuckusなど、広告収入によって無料で音楽の聴けるサイトはありましたが、無料で聴ける曲/アルバムはかなり限定されていました。MySpace Musicでは、大半の新曲が無料で聴けるので魅力的です。
 また、MySpace Musicではスポンサーとして、McDonald's、トヨタ、Sony Picturesなどが広告やマーケティングキャンペーンを実施予定。例えば、トヨタは火曜に無料音楽を提供するとのことです。

 また、携帯への音楽配信に関しては、欧州で次のような発表が今月ありました。
 ・Nokiaの「Comes With Music」 = 1年間アクセス無制限の音楽配信サービス
 ・Sony Ericssonの「PlayNow plus」 = 楽曲のダウンロードと再生を無制限に行える

 このような音楽配信の無料化の動きのあおりで、サブスクリプションサービスのNapsterにも動きがありました。今月15日には、Best BuyがNapsterを買収という報道がありました。Napsterはまだ黒字化していませんし、会員数も伸び悩んでいて、けっこう苦しんでいた上に、MySpace Musicのサービスが始まるというので、このような身売りにつながった感じです。私は、1年位Napsterを使っていますが、固定料金で聴き放題というのは快適です(洋楽はNapsterでかなり聞けます)。日本のNapsterには利用者がプレイリストを投稿できる「ミンナノプレイリスト」があり、私も少し使ってみていますが、感想を言い合うようなコミュニティの場が無いのは大きな問題でしょう。Napsterは、日本ではTowerRecordsも出資してサービスしているので、この買収が今後どのように影響するかはよく分かりませんが、このままのサービス内容では未来は危ういと思います。

 今後、日本でもMySpace Musicがサービスされるか(その場合、どの位のレーベルが参加するか)かが興味深いところです。

|

« [書評] 高島秀之「NHK改革」 | Main | サイバースペースの秩序のための規範 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/42609316

Listed below are links to weblogs that reference 世界では音楽配信の無料化が進んでいる:

« [書評] 高島秀之「NHK改革」 | Main | サイバースペースの秩序のための規範 »