« 「データウェアハウス」という大学院向け集中講義の内容 | Main | ヤフージャバンとオーバーチュアによる「インタレストマッチ」 »

July 28, 2008

春から夏にかけての研究状況(日本知財学会や経営情報学会での発表など)

 春から夏にかけての研究状況です。

 先月の日本知財学会の学術研究発表会では、ビジネス方法特許の問題点とサービス向けの知的財産制度の提案という論文を発表しました。同学会で昨年発表した時よりも、聴いてもらえたという感じです。同じ日の別なセッションでPATENT ISLANDというサイトを運営されている久野さんからイノベーションのための第2世代知財(発表要旨:Word文書)という御発表があり、その中で私の提唱する元祖権をリファーしていただきました。ありがたいかぎりでした。

 関連して、フルペーバーを学会誌に投稿中で、査読を受けているところです。英語の論文も書いていて、国際会議に投稿中("To Promote Service Innovation: A Proposal of New Intellectual Property Right to Protect and Share Innovative Services" というタイトル)です。"Protect and Share" というのを是非アピールしたいところです。うまくいけば、12月に発表できます。ただし、経済学などの理論を適用するなどの理論武装が、さらに必要そうです。

 ビジネス方法特許やサービスイノベーションの問題点と元祖権について、分かりやすく解説した書籍を年度内に出版したいと考えていて、夏休みにある程度執筆してしまう予定です。しかし、どのようなタイトル・構成にするか迷っています。最近、Against Intellectual Monopolyという本が出版されました(オンライン版もあり)が、この位インパクトのあるタイトルを付けてもいいのではないかと考え始めました。

 先月の経営情報学会の全国大会では、情報戦略教育のための事例活用方法という論文を発表しました。こちらは、私が大学で情報化戦略という授業等で事例を活用した教育を実践していますが、そのノウハウを論文にしたものです。小生は、そのような教育のために戦略的な情報システムの事例集を作っていますが、現状ではどちらかというと産業界の人達の利用が多い感じです。教育目的でもっと利用してもらいため、そのような学会発表をしました。

|

« 「データウェアハウス」という大学院向け集中講義の内容 | Main | ヤフージャバンとオーバーチュアによる「インタレストマッチ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/41994338

Listed below are links to weblogs that reference 春から夏にかけての研究状況(日本知財学会や経営情報学会での発表など):

« 「データウェアハウス」という大学院向け集中講義の内容 | Main | ヤフージャバンとオーバーチュアによる「インタレストマッチ」 »