« 主要なポータル等でトップページのデザイン変更 | Main | BtoBのネット通販 »

May 06, 2008

[書評] 「顧客の時代がやってきた 売れる仕組みに革命が起きる」

 連休中に、「顧客」の時代がやってきた 「売れる仕組み」に革命が起きるという本を読みました。

 この本を一言で表わすとすると、次のような本と言えるでしょう。
 ネット化などにより「売り手主導型市場」から「顧客主導型市場」へと変化している中で、「リアル企業」がどのように対応すればいいか、ということを米国の動向から考えるための本。

 まず、この本が問題提起しているは、従来の「売り手主導型市場」(P.28) から、「顧客主導型市場」(P.29) への変化のことです。この「顧客主導型市場」は、「マス・ニッチ・マーケット」であると指摘していますが、ロングテール理論における「豊穣の経済」のことといえるでしょう。消費者から見ると「豊穣」に見えますが、売り手から見ると「顧客主導型」と見えます。
 アンダーソンのロングテールの本では、主にデジタル商品を対象にしているため、通常のリアル流通業の「売り手」が、このような 「顧客主導型市場 (豊穣の経済)」にどのように適応すればいいかの方法論について、ほとんど取り上げていません。他でも、リアル流通業に対してそのような方法論を提示した本は見かけませんので、この本の意義を感じます。

 内容としては、米国のスーパーストアや通販企業で、顧客主導型市場に生き残れるような優れた事例を紹介しています。さらに、先進事例として、8章では「エクスペリエンス・デザイン」を実践する企業の事例、9章では顧客のライフスタイル設計を支援する小売業(著者は「ライフスタイル・マーケター」と呼ぶ)の事例を紹介していて、興味深かったです。

 難を言うと、2章以降は図が少なくて少し分かりにくかったです。また、米国の先進事例と日本企業との違いについて、もう少し説明が欲しかったところです。

|

« 主要なポータル等でトップページのデザイン変更 | Main | BtoBのネット通販 »

Comments

著者の石塚です。書評いただきありがとうございます。
アメリカの流通業界では、現在、「リアル企業=従来型流通業者」が、「テック企業」とのコラボレーションをどう考えていったらよいか、また、顧客パワーをいかに活用していくべきか、ということが最重要課題として注目されています。私も引き続き、アメリカの市場の動向について、また、アメリカと日本の違いについて、研究を重ねていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 石塚しのぶ | May 09, 2008 at 09:04 AM

石塚様
コメントいただきありがとうございました。
私はアメリカの流通業界には疎いので、正直、このような本はとてもありがたいのです。
今後のご研究、期待しております。

Posted by: hatakama | May 09, 2008 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/41118252

Listed below are links to weblogs that reference [書評] 「顧客の時代がやってきた 売れる仕組みに革命が起きる」:

« 主要なポータル等でトップページのデザイン変更 | Main | BtoBのネット通販 »