« イノベーションは顧客との対話から生まれる | Main | [書評] 「顧客の時代がやってきた 売れる仕組みに革命が起きる」 »

April 23, 2008

主要なポータル等でトップページのデザイン変更

 ポータルやネットショップでのトップページのデザイン変更が相次いでいます。利用者の利便性とともに、広告効果の最大化を狙ったデザイン変更が多いようです。

 今月から、DocomoケータイのiMenuのトップメニューが変更されました。Googleの検索窓が設置されたことが結構話題になっているようですが、一番上には広告スペースができています。この広告スペースの値段は、日経MJ2008/4/7によると1日1000万円だそうです。結構高いです。4月1日には、GUCCIがブランディング広告を出したようです。見ていると数日毎に広告が変わっていて、会員募集の広告もあります。iMenuに、「企業・ブランド」カテゴリー新設というのも注目すべき動きでしょう。今年、企業のモバイルサイトやモバイルマーケティングの元年、と言っている人もいますので。

 PC向けでは、Yahoo!が1月1日にトップページのデザインを変更しましたが、そのトップページリニューアルは、MarkeZineによると広告領域の拡大やスーパーバナー廃止など、広告商品の変更という面もあったようです。

 3月19日のGoogle日本語版のトップページをリニューアルについては、Googleのブログで、多くのユーザーから、各種サービスへの入り口がわかりづらいと言われたことへのフィードバックを理由にあげています。Googleはトップページに広告を載せない方針なので、純粋に利用者のことを考えて、もっとサービスを利用してもらおうとするためのリニューアルのようです。

 Amazon.co.jpもサイトデザインをリニューアル中のようです。こちらは、商品ジャンルが増えすぎて、これまでのようなタブを使ったインタフェースではタブが載せきれなくなったためと思われます。

 その他、先月から今月にかけて、次のサイトでもトップページがリニューアル。
 ・goo
 ・BIGLOBE
 ・Infoseek
 ・livedoor

|

« イノベーションは顧客との対話から生まれる | Main | [書評] 「顧客の時代がやってきた 売れる仕組みに革命が起きる」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/40969604

Listed below are links to weblogs that reference 主要なポータル等でトップページのデザイン変更:

« イノベーションは顧客との対話から生まれる | Main | [書評] 「顧客の時代がやってきた 売れる仕組みに革命が起きる」 »