« December 2007 | Main | February 2008 »

January 27, 2008

日本経済の総量(パイ)をいかに大きくするかが問題

 本日のNHKテレビ経済羅針盤でのオリックスの宮内義彦会長の話が興味深かったです。話の最後のほうで日本経済の問題について、次のように語っていました。

経済の総量(パイ)をいかに大きくするかが、日本の経済の対処すべき最も大きな問題。 第三次産業の生産性(現在は欧米の6~7割と低い)を上げてゆけば、経済のパイが大きくなる。 現在、国内ではパイの配分(切り分け方)ばかり議論しているのは残念。

 確かに、ふるさと納税、ガソリン税の暫定税率、年金に税金を投入するか否か、等の議論は、「パイの配分」の議論です。パイの配分のような議論ばかりしていては、日本経済は浮かび上がらないでしょう。

 宮内会長は、経済のパイを大きくする鍵として、次の点を上げていました。

民間部門における規制改革と、政府部門における行政改革によって、経済の効率をあげること

 しかし、効率化の他に忘れてならないのは、第三次産業(サービス・流通・金融など)でのイノベーションを促進することでしょう。私は、昨年10月に研究・技術計画学会でサービスイノベーション促進のための新たな知的財産権の必要性と要件について発表した研究を、今年はさらに押し進め、書籍にまとめて世に問いたいと考えています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2008

2007年後半に成立したビジネス方法特許より

 2007年に後半に成立したビジネス方法特許(ビジネスモデル特許)の中から、気になったものを上げてみます。

 まず、サンプル百貨店を運営するルーク19とその社長(渡辺 明日香)の名前で出願されていた「試供品提供管理システム及び、そのプログラム」(特許3999260) が成立しました。ユーザに配布する試供品の点数を管理し、試供品点数を試供品情報とユーザの属性のマッチングに応じて変動させるような仕組みです。

 Paypal(ペイパル インコーポレイテッド)の特許が、3つ成立しています。CtoCの支払いに関する仕組みのようですが、エスクローサービスに関するものもあるようです。
 ・「インターネット上で商品及びサービスを購入するためのコンピュータ化された支払いシステム」(特許3970324)
 ・「取引を容易にする方法」(特許3970869)
 ・「複数のユーザーを有するネットワーク上で金の支払いを処理する方法」(特許3970868)

 オークション関連では、BtoCのオークションサイトを運営するオークセールの「オークションシステム」(特許3974381) が成立。予測不能数というものを求め、予測不能数に基づいて加算金額を算出するという仕組み。

 オーバーチュアに関しては、「サーチエンジンアカウントの監視」(特許4015509)と、「協調フィルタリング及びウェブ・スパイダリングを用いる検索語の推奨」(特許3955256) が成立。特許第3676999号が検索連動型広告で基本特許と思われますが、既に成立している特許第3860036号に加え、これらの2つの特許も成立させて特許網を広げています。

 NTTのパーソナライズ/レコメンデーション関連の特許が3つ成立しています。
 ・「個人化広告の提供情報及び個人化広告提供装置及び~」(特許4023273、日本電信電話)
 ・「相関アイテム検出方法および装置、お薦めアイテム紹介方法および装置、~」(特許3984430、日本電信電話)
 ・「お薦めアイテム紹介方法、~」(特許3974407、日本電信電話・東日本電信電話)

 オンキヨーの「ネットワークAVシステム」(特許4026668) は、デジタルコンテンツをアクセス・ダウンロード・管理できるステレオHDメディア・コンピューターに関する特許と思われます。

 業務システムでは、
 ・ダイキン工業:「部品管理システム」(特許第3964151号) --- e-SWATに関する仕組み?
 ・江崎グリコ:「商品ボックス管理装置、商品ボックス管理システムおよびプログラム」(特許3986057)--- オフィスグリコに関する仕組み。日経情報ストラテジー2007年6月の記事に特許出願中と書かれていましたので、それが成立したようです。

 その他では、次のような特許も成立しました。
 ・楽天:「広告送信システム」(特許3984473)
 ・ぐるなび:「飲食店レイティングシステム」(特許4005342)
 ・日本音楽著作権協会:「作品登録方法、作品登録装置及びコンピュータ・プログラム」(特許3874271)

 これらの特許情報は、私が管理するホームページに適宜追加してゆく予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2008

「eビジネスの教科書」の第二版

 この年末年始で、「eビジネスの教科書」の第二版の原稿を完成させました。この本は私の授業だけでなく、今年度は他にもいくつかの大学で教科書として使われています。最近在庫が品薄になってしまったため、そのまま増刷するのでなく、改版することにしました。初版を書いてから1年半しか経ってなく、追加や変更は最低限にする方針でしたが、eビジネスの進み具合はとても早いため、かなりの追加・変更が必要でした。出版社には、第二版を3月末までに刊行してもらえるように頼んでいます。

 追加した主な内容は、次のようなものです。
  セカンドライフ・プロフ・アパレルサイト・モバゲータウン・SMO・ウィキノミクス・
  行動ターゲティング広告・バズマーケティング・ブログ分析サービス・CGCM・
  次世代流通EDI・旅行代理店の場貸しサイト・AppExchange

 それでは、本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »