« NTTデータの「Thank Youポイント」制度 | Main | 「eビジネスの教科書」の第二版 »

December 20, 2007

行動ターゲティング広告の動向と問題点

 Yahooジャパンの行動ターゲティング広告が効果的(クリック率が3倍とも4倍とも言われる)で、広告主に評判はいいようです。そのため、他の企業も次々と行動ターゲティング広告に乗り出しています。

楽天、「インフォシーク」で「楽天市場」の閲覧履歴にもとづく行動ターゲティング広告の表示を試験的に開始(2007年12月から)
カカクコム、行動ターゲティング広告を販売開始(2007年12月から) --- 日経産業新聞2007/12/18に詳しい解説あり
マイクロアド(CA子会社)、クリック課金型の行動ターゲティング広告「MicroAd行動ターゲティング」の販売を開始(2007年11月から)
cciグループ、広告ネットワーク「ADJUST」で行動ターゲティング広告サービス「高精度ビヘイビアターゲティング広告」を開始(2007年11月から)

 Yahooジャパンは、さらに「カスタム行動ターゲティング広告」という広告商品を先月から提供し始めました。広告主が利用者層を自由に設定して出稿できる広告で、料金は既存の行動ターゲティング広告の4~5倍以上に設定しているようで、まず日本航空が採用とのことです。Yahooジャパンのポータルとしての強さから、広告メディアでも抜きん出ることになりそうです。メディアレップ大手のオプトの海老根CEOが絶大なる販促効果を持つメディアにどう対抗するかという心配をしているのもうなづけます。

 海外では、Facebookが新たに始めた広告は、ユーザーのプロファイルデータに基づいて展開される「Facebook Ads」というSNS内の行動ターゲティング広告。是非を問われるSNSの新たな行動ターゲティングという記事によると、プライバシー問題から、市民活動グループが、Facebook内で広告への抗議グループの署名運動を行っているようです。また、EUでは、消費者が企業の巧妙なマーケティングによってだまされたり、企業によって操作されることを防ぐための法律「Unfair Commercial Practices Directive」を、2008年初めから(英国では4月から)実施することを発表している、とのこと。

 このように、行動ターゲティング広告はプライバシー問題などの問題が起こりかねないので、ネット企業は注意が必要です。

 11月後半から多忙でブログの更新ができなかったのですが、明日の補講でやっと年内の授業が終わりなので、これからはブログの更新ができそうです。失礼しました。

|

« NTTデータの「Thank Youポイント」制度 | Main | 「eビジネスの教科書」の第二版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/17430799

Listed below are links to weblogs that reference 行動ターゲティング広告の動向と問題点:

» 元旦の新聞より [    ]
あけましておめでとうございます。 「通勤電車」は2005年1月4日にスタートしたので、 あと3日で3歳のお誕生日を迎えます。 この3年間にアップしたブログは570件。 このところ忙しさにかまけ、 更新頻度が下がりがちではありますが、 今年もがんばって継続しますので、 どうぞよろしくお願いいたします。 ※写真は、我が家のベランダから見た元旦の富士山。 (小さくてよく見えないかもしれませんが・・・) [画像] 元旦の新聞を見て、つくづく思ったことがある。 それはこれまでにも何度となく「通勤電車」... [Read More]

Tracked on January 02, 2008 at 09:11 AM

« NTTデータの「Thank Youポイント」制度 | Main | 「eビジネスの教科書」の第二版 »