« パブリックコメント制度に関する問題点 | Main | Googleニュースに関する特許出願が2件公開 »

July 02, 2007

日本知財学会の学術研究発表会で発表してきました

 昨日、東大(本郷)にて行われた日本知財学会 第5回年次学術研究発表会にて、サービス・イノベーションのための知的財産権の在り方に関する考察と提案という論文の発表をしてきました。PowerPoint資料は、こちらです。

 サービス・イノベーションを促進するための知的財産権として、独占はしないが営業的な優位となる権利「元祖権」の提案をしました。イノベーション25へ提案するために新たな知的財産権を考えたもので、以前このブログでも概要を述べました。

 昨日の学会では、賛意の御意見もいただきましたが、「権利にする必要はあるのか?民間で決めるだけでいいのでは?」といった御批判もいただきました。そのような御批判をよく吟味した上で、10月に行われる研究・技術計画学会の年次学術大会(亜細亜大学にて)で再度発表する予定です。

|

« パブリックコメント制度に関する問題点 | Main | Googleニュースに関する特許出願が2件公開 »

Comments

知財学会で、賛同のコメントをした者です。私も先生のご発表と思想的に近い内容の発表をいたしました。
http://www.patentisland.com/1C1.doc

Posted by: 久野 | July 02, 2007 at 08:52 PM

久野さん
学会ではありがとうございました。私は、6/30には大学の授業が入っていたため、久野さんの御発表をお聞きできませんでした。失礼しました。久野さんの提案されている「技術提携や事業提携などを通じて価値を創造するプラスサムゲーム(協創)を促進するシステム」には同感です。参考にさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: hatakama | July 03, 2007 at 01:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/15625687

Listed below are links to weblogs that reference 日本知財学会の学術研究発表会で発表してきました:

« パブリックコメント制度に関する問題点 | Main | Googleニュースに関する特許出願が2件公開 »