« 米国のユタ州で検索広告規制法が施行(電子商標登録所の設置) | Main | リアル店舗のロングテールの秘訣(ジュンク堂とタワーレコードの共通点) »

April 29, 2007

マーチャント@amazon.co.jp により他の商品カテゴリーでもロングテール対応

 Amazon.co.jpの「法人向け出店型新サービス」(サイト内に別の小売業者が出店)のマーチャント@amazon.co.jpが、24日に始まりました。ITmediaの記事が詳しいです。米国では既に2002年に開始し、ドイツと英国でも昨年から始めていましたし、月刊ネット販売2006年9月号の記事で「開始に向けて着々と構築中」とのことでしたので、やっと始まったという感じです。

 アマゾンはリリースの中で、「ワンストップで購入可能な品揃えが大幅に拡大し、お客様の利便性もさらに高まります。また、商品カテゴリーにおいては、まだ取り扱いのないカテゴリーまで将来的に広げてまいります。 」と述べています。私の感想としては、アマゾンは、ロングテールへ対応するために、とても着実な手段を取っていると思います。自分がカバーできる商品カテゴリーでは、e託販売サービスなどによってロングテールに対応しています。「マーチャント@amazon.co.jp」では、アマゾンがカバーできない商品カテゴリーについて、品揃えが豊富な(ロングテール可能)な出店企業をアマゾン側で選んで出店してもらい、さらに、アマゾンのレコメンド機能も使えるようにして、ロングテールな商品カテゴリーを広げているのです。楽天のように、とにかく出店企業を増やすことでロングテールにもってゆこうという姿勢とは異なります。鈴木貴博氏が、「ロングテール」と呼ぶにはあなたのテールは短すぎるというコラムの中で、馬鹿みたいに長いテールがつくれる者だけに、「ロングテールの神様は微笑んでいる」ということなのである、と述べているように、長いテールを作ることのできる企業は限られるのです。ですので、アマゾンのやり方は効果的だと思います。

 今後は、ネット上のモールの競争激化が予想されます。楽天などのモールでは、出店企業の多さを武器にして、ロングテールをアピールするべきです。例えば、「珍品」や「レア物」を集めたコーナー(ページ)を設けるなどして、品揃えの多い出店企業をより表に出し、利用者にはロングテールを探索・実感できるようにするのがいいでしょう。

 ところで、私は、19日から26日まで北里大学病院に入院していました。病気は、だいたい完治したようです。6A病棟の看護師さんの、北村さん、露木さん、鈴木さん、高橋さん、大島さん(♂)ほか、お世話になり、ありがとうございました。また、入院中、am/pm北里大学病院店で、ケータイクレジットのiDが使えたのは助かりました。入院中は、あまり現金を持っていないので、携帯電話でクレジット払いできるのは便利でした。ケータイクレジットのありがたみを初めて実感しました。

|

« 米国のユタ州で検索広告規制法が施行(電子商標登録所の設置) | Main | リアル店舗のロングテールの秘訣(ジュンク堂とタワーレコードの共通点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/14885045

Listed below are links to weblogs that reference マーチャント@amazon.co.jp により他の商品カテゴリーでもロングテール対応:

« 米国のユタ州で検索広告規制法が施行(電子商標登録所の設置) | Main | リアル店舗のロングテールの秘訣(ジュンク堂とタワーレコードの共通点) »