« ブログで見るガーラ湯沢での遭難事件 | Main | 電通の「オファー型広告」 »

January 12, 2007

ブログで見るネットスーパーの利用動機

 最近、ネットスーパーの利用が増えている、というマスコミの報道がされています。昨年の10月に発表されたインターネットコムと goo リサーチが行ったネットスーパー利用に関する調査の結果では、調査の時点でネットスーパーを利用したことがある人は4.80%ですが、今後の利用意向は6割近い、という結果になっています。「利用したい」と回答した人では、重そうな商品を購入してみたい人が多かったようです。しかし、その調査では、これまで利用した人がどのような場合やどんな理由でネットスーパーを利用しているかがよく分かりません。

 日経新聞の先月26日のネットスーパー、子育てママ応援という記事には、イトーヨーカ堂のネットスーパーでは雨の日には利用件数が約2倍に増えると書かれていました。

 そこで、現在ネットスーパーがどのように利用されているかを、ブログを検索して調べてみました。(Yahoo!ブログ検索 - 検索オプションを使用)

 まず、ブログに「ネットスーパー」が出てくる件数を分析しました。2006年の各月は、ネットスーパーについて書いているブログの件数は、だいたい20件代~40件代ですが、5月・12月だけはとても増えているのが分かりました。
 5月は93件と多かったですが、これは、マスコミでいろいろと報道されたためのようです。産経新聞(5/8)・日経新聞夕刊(5/11)・日経MJ(5/12)・フジTV「笑っていいとも!」(5/10?)。
 12月は、117件とさらに多くなっています。ドリルダウンして調べたところ、一番多い日は、12月11日で23件でした。これは、日本テレビの「ズームイン」でネットスーパーが紹介されたためでした。やはり、主婦にとって、朝のテレビの影響力は大きいのでしょう。次に多かったのは12月26日の12件でした。この日は上記のように日経新聞で取り上げられていました。その2日だけでなく、12月は他の月よりも全般的に多くなっています。いろいろ見てみると、首都圏で12月に雨の降った14日と26-27日には、雨なのでネットスーパーを使ったという内容のブログが見受けられました。今月の6日も首都圏では冷たい雨が降り、この日も10件と、1月ではこれまで一番多いですのですが、この日も天気が悪いのでネットスーパーを使ったという内容のブログが何件かありました。

 ということで、天気が悪い(雨など)ためにネットスーパーを利用した、というブログの書き込みをいろいろ見つけましたので、あげておきます。(リンクはしませんが)
・外は雨降りそうな天気だったので ~ そこでネットスーパーだとひらめきました。(2006/12/14)
・昨晩の段階で今日もどしゃぶりだろうと綿密に計算して西友ネットスーパーで米やみりんなどを注文~(2006/12/26)
・今日は雨で寒いし外に出ることは諦め、~ 久々に西友のネットスーパで注文することにしました。(2007/1/6)
・でもこんな天気に買い物に出る気力は無く ~ 初めて西友のネットスーパーでお買い物をした。(2007/1/6)
・昨日はすごい雨でした こんな時、ネットスーパーを利用します (2007/1/7)
・本日は台風のような強い風が吹く日・・ネットスーパーにて お買い物 (2007/1/7)
 

 ネットスーパーを使う動機について検索件数で比較してみると、「ネットスーパー」に関するブログの書き込みでは、重さに関する語(「重い」「重たい」「重さ」「重く」)よりも、天気に関する語(「天気」「雨」「雪」)のほうが多く出ています。
  ネットスーパー AND (重い OR 重たい OR 重さ OR 重く) --- 132件
  ネットスーパー AND (天気 OR 雨 OR 雪) --- 191件

 ということで、ネットスーパーの利用と天気との関係がブログからうかがい知ることができました。また、重いものを運ぶ嫌さよりも、天気の悪い日に買い物に出かける嫌さのほうが、ネットスーパーを利用する動機として強いのかもしれません。

 天気の悪い日に利用が増えることを店の側でも意識してか、イトーヨーカドー葛西店のブログに雨の日もらくらく♪『ネットスーパー』はご存知ですか!というエントリーがあります。

 店側の対応としては、天気の悪い日には、レジ係の人数を減らして(天気の悪い日には一般には来店客は少ないので)、ネットスーパーの注文をピッキングする係の人数を増やすようにすればいいでしょう。サミットのLSPのように事前にスケジューリングする仕組みがあれば、天気予報に応じてそのように人数を調整すればいいでしょう。

 また、ブログに「引きこもり」や「出不精」のためにネットスーパーを利用すると書いている人もいますが、それほど多くはありません。しかし、そのような人達が多いか少ないかはよく分かりません。ブログを書くのも億劫なのかもしれないためです。
  ネットスーパー AND (出不精 OR 引きこもり OR ひきこもり) --- 15件

 最近のネットスーパーの話題としては、昨年9月から始まったネットスーパー オークワですね。画面上で実際の店舗内を移動しながら買い物ができるというものです。おもしろいです。

 本日の日経MJには、イトーヨーカ堂が3月1日付けでネットスーパーを担当する新組織を設立する予定、ということが報道されていました。イトーヨーカ堂も、ネットスーパーに本気になってきたようです。イトーヨーカ堂は、ココデスやネッツ・パートナーズといったネットスーパー運営企業には任せずに、自ら運営するということでしょうか。将来のことを考えると賢い選択だと思います。

 英国では、ネットスーパーの価格比較サイトまでできています。日経MJ 2006/11/15に「eコマース最新事情 英国発 -- 食品スーパーの価格比較サイト 賢い買物法も指南」という記事があり、MySupermarketというサイトが紹介されていました。このサイトについては、POLAR BEAR BLOGでも詳しく解説されています。

 私の感想としては、ネットスーパーは店にある商品だけ売るのではなく、食品卸(生協の配送業務を代行している卸がすでにあり)とでも組んで、ロングテールを狙うようなサイトを作るべきと思います。今後は品揃えの多さが求められるでしょう。Amazonが自分の倉庫にある書籍の在庫だけでなく卸の在庫も検索できるように、多くの商品を入手できるサイトにするべきでしょう。店にある商品だけでなく、たまには別な食材を買ってみたいと思う消費者が増えると予想されるためです。店に置いていない商品は翌日に送る、というのでもさほど文句は出ないでしょう。

 今年は、ブログを検索することで、どのようなことを調査・分析できるかを本格的に試したいと思っています。研究のツールとして役立つかを確かめたいのです。ブログを分析することで、ブログを書いている年代の人達の行動や動機の分析はある程度できるでしょう。確実に知るためには、さらにアンケート調査のようなことが必要でしょうが、ブログを調べることである程度の仮説を立てることはできそうです。

Netsuper

|

« ブログで見るガーラ湯沢での遭難事件 | Main | 電通の「オファー型広告」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/13450414

Listed below are links to weblogs that reference ブログで見るネットスーパーの利用動機:

« ブログで見るガーラ湯沢での遭難事件 | Main | 電通の「オファー型広告」 »