« Googleに特許検索を独占させてしまうのは危険 | Main | Web 2.0的な技術の動向(マッシュアップ、レコメンデーション) »

December 25, 2006

サービスサイエンスとサービスイノベーション

 今年は、サービスサイエンスやサービスイノベーションという用語を、雑誌やネットなどでよく目にしました。今日は、それらをまとめておきたいと思います。

 サービスサイエンスについては、IBMが提唱した考え方のようです。ビジネス雑誌では、昨年、DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビューに出てきて、それから他の雑誌や学会で取り上げられました。サービスイノベーションも、今年から言われ始め、今月には経済産業省に研究会が正式に発足しました。

[サービスサイエンス]

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
2005年のパワー・コンセプト(下)14. 「サービスの科学」を拓く(2005年6月号)
・サービス・エコノミーのフロンティアのシリーズ
 [第1回]デリバード・バリュー・プライシングへの挑戦(2005年10月号)
 [第2回]サービス・サイエンスの可能性(2005年11月号)
 [第3回]サービス・プロフェッショナルを育成する (2005年12月号)

サービスサイエンスとは何か(富士通総研のレポート)

日経コンピュータ2006/5/1号「議論百出する“サービス・サイエンス”」

情報処理2006.6月号(Vol.47 No.5)「サービス・サイエンスの出現」

一橋マネジメントレビュー2006年秋号.AUT.「特集 サービスを科学する」

ダイレクトマーケティング学会の部会

サービス・サイエンス論(亀岡先生)は北陸先端大の講座。昨年から開講。

[サービスイノベーション]

日本企業のサービスイノベーション(野村総研のレポート. 2002年)

サービス・イノベーション:メーカーにとっての課題(SRIのレポート. 2005年)

サービスサイエンス・イノベーション有限責任事業組合

サービス・イノベーション(富士通総研の研究テーマ)

サービス・イノベーション・シンポジウム(IBM)

サイエンス化で切り拓く知識社会のサービス・イノベーション(日立総研の研究テーマ).その方法論の詳細はこちら

サービスイノベーション研究会(東京大学での産学連携の研究会).2006年10月に開かれたフォーラムの内容はこちら

経済産業省 第1回サービス産業のイノベーションと生産性に関する研究会(2006.12)

 検索してみましたが、個人のブログで、サービスイノベーションを取り上げているところは少ないです。社会人大学院で学ぶ技術経営というブログで、何回かサービスイノベーションを取り上げています。

 私としては、来年は、情報化事例・eビジネスのイノベーション(マッシュアップによる再発明など)・サービスイノベーションのための知的財産権(新知的財産権の提案など)、の3つの面から、サービスイノベーションに取り組みたいと考えています。

 目標としては、来年春の経営情報学会・日本知財学会、秋の研究・技術計画学会(最近、入会しました)の全国大会で発表したいと考えています。できれば、本にでもまとめたいですが。

[追記 (2009/5)]

 このエントリーの後に、サービスイノベーション関連で次のような記事を書いております。

 ・ヤマト運輸のサービスイノベーション March 14, 2009

 ・[書評] 顧客はサービスを買っている February 18, 2009

 ・革新的なサービス企業の事例を聞きました December 09, 2008

 ・ディズニーのサービスイノベーション March 10, 2007

 ・加賀屋のサービスイノベーション March 05, 2007

|

« Googleに特許検索を独占させてしまうのは危険 | Main | Web 2.0的な技術の動向(マッシュアップ、レコメンデーション) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/13196090

Listed below are links to weblogs that reference サービスサイエンスとサービスイノベーション:

» サービスサイエンスに関する電機メーカーの取組み [社会人大学院で学ぶ技術経営]
2006年は「サービスサイエンス」に関する特集号が各学会(ACM,情報処理学会,OR学会,など)の学会誌で組まれたこともあり,「サービスサイエンス」に関する社会的認知度も高まってきた.ここでは,電機/計算機メーカーにおける具体的な取組みをレビューしてみよう. IBM: IBMはサービスサイエンスの提唱者であり,米国アルマデン研究所を中心に活発に研究開発を行っているらしい.具体的に見えてくる研究成果としては,バー�... [Read More]

Tracked on December 29, 2006 at 10:58 PM

« Googleに特許検索を独占させてしまうのは危険 | Main | Web 2.0的な技術の動向(マッシュアップ、レコメンデーション) »