« Amazonやbk1で拙著「eビジネスの教科書」の購入が可能に | Main | 「ソフトウェアパテントは必要悪 論」は大きな間違い »

November 02, 2006

ロングテール理論の全体像

 和訳本の訳のチェックをしながら、ロングテール理論の全体像をまとめてみました。ネットによって、流通・経済・市場が、なぜ、どのように変わりつつあるかを説明している本です。このような図にまとめてみると、よく分かると思います。
(2006/11/6 図を少し修正)

Longtail_1


[追記](2006/11/7)
 Chris Anderson本人のThe Long Tailブログの10/25付けのエントリに、The Economics of Abundanceが著されていました。ロングテール本でも出てくるキーワードを、整理しなおした感じです。新理論という感じではありません。米国でも、上図のようなロングテール理論の基本的な考え方がなかなか理解されていないのかもしれません。なお、池田信夫さんのblogでは、Abundanceは「過剰」と訳されています。

|

« Amazonやbk1で拙著「eビジネスの教科書」の購入が可能に | Main | 「ソフトウェアパテントは必要悪 論」は大きな間違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/12526298

Listed below are links to weblogs that reference ロングテール理論の全体像:

« Amazonやbk1で拙著「eビジネスの教科書」の購入が可能に | Main | 「ソフトウェアパテントは必要悪 論」は大きな間違い »