« ICタグの活用事例(3) | Main | 日本でもeコレクトの特許が成立 »

March 30, 2006

新聞の「会社人事・機構改革」欄から学べること

 3月は、新聞に「会社人事・機構改革」が多く載る時期です。私は、日経産業新聞と日経MJを講読していますが、この時期は会社人事・機構改革欄の情報が多く、「そのスペースは要らないから記事をもっと多く載せてよ」と言いたくなります。知人が異動していないかをチェックするために、その欄を見る人が多いようです。しかし、会社人事・機構改革欄から学べることもありそうです。最近の新聞の会社人事・機構改革欄を見ていて、次のような部署名が気になりました。

イノベーション推進本部
 東芝にこのような名前の本部ができました。東芝の子会社でも、イノベーション推進部といった名前の部署ができています。知的財産部は別にあるので、この本部が何を目指してしているかがよく分かりません。企業戦略やビジネスモデルなどの面のイノベーションを推進するための組織かもしれません。最近は、中国などへ特許資料による技術流出が多いと指摘されていますので、特許の面だけでなく、「イノベーションを推進する施策」を考える部門かもしれません。または、昨年8月の東芝の経営方針説明会の資料に、「研究開発から事業化のプロセスイノベーション」(未来カタログなどを使用)という項目があるので、「死の谷」などの対策向けのプロセスイノベーションを重要視して作った本部かもしれません。御存知の方は教えてください。

顧客政策室
 阪急百貨店にこのような名前の部署ができていました。他の百貨店についてネットで調べてみると、松阪屋や高島屋に同じ名前の部署があり、伊勢丹や京王百貨店には「顧客政策部」があるようです。やはり、デパート業界はRFM分析等で優良顧客を選別して、顧客生涯価値を狙った経営をしていかないと生き残れない、という意識から、このような部署ができているのでしょう。

ものづくりセンター・ものづくり推進部
 多くのメーカーでこのような名前の組織ができています。やはり、団塊世代の退職のために、技術の伝承が問題になっているのでしょう。

生態系ソリューション部
 清水建設の部署名。ビオトープのための部署でしょうか?

トータルカーライフ事業戦略推進
 オートバックスセブンの部署名。カー用品の販売には、カーライフの視点が重要ということでしょう。

知画部
 オリエンタルランドにあった部署名(今月、経営戦略部に統合)。何をしていたのでしょうか?

 「会社人事・機構改革」の欄をきっちりと読むのは苦痛ですが、このような読み方をすれば、その業界/企業では何を目指しているかの理解に少しは役立つでしょう。

|

« ICタグの活用事例(3) | Main | 日本でもeコレクトの特許が成立 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/9331601

Listed below are links to weblogs that reference 新聞の「会社人事・機構改革」欄から学べること:

« ICタグの活用事例(3) | Main | 日本でもeコレクトの特許が成立 »