« ITは子供の安全を守れるのか | Main | 通信販売企業のマルチチャネル戦略 »

November 20, 2005

大学教員のブログ

 大学教員のブログでも、実名を公開していないものがずっと多いです。実名を公開しているブログで、私の研究分野に関連しているブログは時々見にいって参考にさせてもらっています。例えば、次のような方のブログがあります(ブログですので肩書きは省略)。同じ学会に所属されている方もいますが、面識の無い方のブログでもあえてリンクをのせております(ブログですので)。
 ・早稲田大学ビジネススクール 平野雅章さん
 ・関西学院大学商学部 柿原正郎さん
 ・名古屋工業大学 加藤雄一郎さん
 ・埼玉大学経済学部 並河永さん
 ・須磨国際学園情報通信研究所 池田信夫さん

 他に、かなりフォーマル(入試対策として高校生への広報などを目的?)なブログもあります。
 ・多摩ブログ(多摩大学)
 ・大阪経済法科大学学長ブログ

 大学教員のブログはまだ少ないですが、これからもっと増えてゆくと思います。

|

« ITは子供の安全を守れるのか | Main | 通信販売企業のマルチチャネル戦略 »

Comments

名古屋工業大学の加藤雄一郎でございます。このたびはTBありがとうございます。また、お礼を申し上げるのが遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。この記事に書かれた他の先生方の実名ブログと比較すると、私のブログの稚拙さが際立っており、恥ずかしく思っております。大学の人間としてはあまりに半人前でございますが、これからも一生懸命がんばってまいります。どうかよろしくお願い申し上げます。名古屋工業大学産業戦略工学専攻 加藤雄一郎

Posted by: 加藤雄一郎 | December 18, 2005 at 06:08 PM

加藤様
いらしていただきありがとうございます。私も、最初は、教員が実名でブログを書くのだから、中身の濃いものにしなければいけない、というプレッシャーを感じました。しかし、今は、「大学教員もいろいろ考えているな(動いているな)」程度に感じてもらえばいい、という割り切りをしています。少しでもためになってもらえばいいと感じています。また、私は、トラックバックは名刺を置いておく程度の行為に考えていて、気軽に行なっています。それでは、今後も時々覗かせていただきます。よろしくお願いいたします。

Posted by: hatakama | December 19, 2005 at 09:40 AM

加藤様のブログ経由で参上致しました、大学事務屋のオバチャンです。新聞のご都合主義から来る実名尊重に反発して、つたないブログを開くに至りました。匿名故の本音をモットーとしております。時に、教員(研究者)は主張してナンボの世界です。実名ブログをまぶしく眺めつつエールをおくる次第です。

Posted by: 鈴木藍子 | January 22, 2006 at 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/7225059

Listed below are links to weblogs that reference 大学教員のブログ:

» 私が大学の先生になった理由 [ひょんなことから国立大助教授になった加藤雄一郎の奮闘記]
正直に申し上げますと・・・ 私が名古屋工業大学に転職した目的は、 大学の先生になりたかったからではありません。 理想的な環境で マーケ力を発揮したかった というのが本音です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (注)誤解を浴びかねない表現になっております。どうか最後までご一読ください −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 「我が天職との出会い」と題した投稿で申し上げたとお..... [Read More]

Tracked on December 18, 2005 at 06:04 PM

» 大学教員のブログは増えるのか [マーケティング千日回峰行之記]
仕事の情報を探していたら、こちらのブログに行き当たりました。 そのエントリによれば、「大学教員のブログでも、実名を公開していないものがずっと多いです」とのこと・・・。 [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 10:55 AM

« ITは子供の安全を守れるのか | Main | 通信販売企業のマルチチャネル戦略 »