« October 2005 | Main | December 2005 »

November 29, 2005

客室のネット予約を一元管理

 昨日の日経MJに「客室のネット予約を一元管理」というタイトルで、マップジャパンのサイト番頭というサービスの紹介がありました。これは、一般の宿泊利用者からは見えないBtoBの仕組みですが、旅行業界のeビジネス化にとって重要なサービスです。
 私は、昨年から今年初めにかけて、旅行業界のeビジネスについて調査してきました。現在、楽天トラベル・じゃらんネットなど、宿泊予約のネット化は進展しています。しかし、ネットで予約が入った際の予約サイトから宿泊施設への通知は、9割以上がまだFAXで行なわれているという話です。また、一般に宿泊施設はリスク分散のため、複数の予約サイトに空き室を提供しますが、それぞれの予約サイトにどの位の部屋数を提供するか迷うところですし、それぞれの予約サイトでの予約状況を見て提供部屋数を変えることも必要になるでしょうが操作はとても煩雑です。
 そのような問題に対して、既に、プラスアルファというベンチャー企業が、手間いらずという宿泊施設向けの予約サイトコントローラソフトウェアを販売しています。このソフトウェアは、金融のアカウントアグリゲーションがHTMLを切り貼り(スクレーピング)しているのと同じようなやり方で、複数の予約サイトとのやりとりを一元管理しているとのことです。「手間いらず」により、宿泊施設は、ネットでの予約状況を一元的に参照でき、さらには共有在庫のように扱う(複数の予約サイトに同じ空き室を登録して、一カ所で売れた際にすぐに他のサイトへの登録部屋数も減じる)ことができ、空き室を効率的に管理できます。
 マップジャパンの「サイト番頭」は、「手間いらず」と同様に、複数の予約サイトの予約管理を一元化できるとのことです。詳細は発表になっていないのでよく分かりません。「手間いらず」のように共有在庫のように見せることができるか否かが大きなポイントだと思います。予約状況を一覧表示するだけかもしれません。
 マップジャパンは、これまで、大手旅行代理店からの予約情報を宿泊施設に一元的に提供するビジネスでシェアトップでした。仕組みとしてはTL-Xという端末を宿泊施設に提供してきました。そのマップジャパンが、予約サイト対応を本格的に始めたのですから、業界にとっては大ニュースです。
 サイト番頭の仕組みとして、宿泊予約サイトからの通知を受けるのをTravelXMLに統一した点はとても評価できます。楽天トラベルもTravelXMLでマップジャパンに情報を渡すことに同意したようなので、業界としてのTravelXML普及が進み始めたようです。しかし、利用するための専用機器(X-WAN)、というのは解せません。PCをインターネットにつないで利用すればいいと思いますが、マップジャパンのビジネスモデルとして、宿泊施設とのネットワーキング(TL-Xから継承)を保ちたいという意図でしょうか?
 詳細が分かりましたら、また書き込みたいと思います。

[追記] (2005/12/2)
 プラスアルファ社の「手間いらず」を利用されているホテルの方のブログ(ホテルの裏側の話など)を見つけました。やはり便利なようです。また、儲かるホテル旅館のホームページ予約サービス研究というブログでも紹介されていました。

[追記] (2006/1/20)
 マップジャパンの方がご指摘いただきましたが、楽天トラベルはTravelXML形式でなくCSV形式でマップジャパンに情報を渡すとのことです。ですので、まだTravelXMLの普及が進んできたとはいえないですね。早とちりでした、失礼しました。

[追記] (2011/9/28)
 「サイト番頭」で検索してこのページを見つける人がまだいるようですので追記します。シーナッツ(マップジャパンの一部事業を引き継ぐ)は、旅行会社用の予約管理システム(TL-X)とネット販売用のサイトコントローラー(サイト番頭)を合体させて、TLリンカーンという製品にしました。ひとつの画面で、旅行会社とネット販売の残室数・販売数をリアルタイムで一元管理できるとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

通信販売企業のマルチチャネル戦略

 月刊アイ・エム・プレスという雑誌を、初めて取り寄せてみました。2005年11月号の特集は、「通信販売企業のマルチチャネル戦略」であり、カタログ・ネット・店舗などの販売チャネルの連携をどのように行うかの課題について、4社の事例をもとに解説していました。この特集に関するメルマガブログもあります。
 この特集の中で特に興味深かったのは、ファンケルの直営店において、“売らない勇気を持つ”接客スタンスを徹底している、という点でした。店員は一般に売上げ目標で管理されるので、必要以上に客に商品をすすめがちです。しかし、店舗で客にとって必要でないものまで無理に売ってしまうと、結果として顧客満足度の低下をもたらすでしょう。マルチチャネル販売の形態のファンケルでは、「来店客がその場で購入に至らなくても、ユーザーにとって必要なタイミングで利用しやすいほかのチャネル(カタログ、インターネットなど)でのアクセスがかなえばいい」という考えかたに基づいて、そのような接客を店員に徹底させているとのことです。この辺りが、マルチチャネル戦略ではとても重要になるのかもしれません。クリック&モルタルのエントリのところで示したように、このような接客を徹底させるためにはネットで販売しても店舗の売上として計上する仕組みを取り入れたほうがいい場合もあるでしょう(特に、直営店でなく、代理店やフランチャイズ店の場合)。

 なお、通販新聞社の月刊ネット販売という雑誌でも、通販会社のネット展開についての記事が多いです。特集として、研究ベルメゾンネット(2005年2月号)激突!実店舗ブランドVSカタログ通販(2005年8月号)ライブドアの通販力(2005年12月号)等があります。

 全体の傾向としては、多くの通販会社では、コストの点からネットでの受注への移行を推進しています。ネットで注文するとポイントが数倍付くというような推進手段を取っています。ベルメゾンネット(千趣会)では、ネットからの受注のほうが、145円コストが安くなるとのことです。既に3割程度がネットからの受注になっており、2007年には5割になると予想しています。現在は、カタログ連動型(カタログで商品を知ってネットで注文)が主流ですが、ネット完結型(真水)を増やそうとしています。紙のカタログをできるだけ減らして利益率を高める狙いです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 20, 2005

大学教員のブログ

 大学教員のブログでも、実名を公開していないものがずっと多いです。実名を公開しているブログで、私の研究分野に関連しているブログは時々見にいって参考にさせてもらっています。例えば、次のような方のブログがあります(ブログですので肩書きは省略)。同じ学会に所属されている方もいますが、面識の無い方のブログでもあえてリンクをのせております(ブログですので)。
 ・早稲田大学ビジネススクール 平野雅章さん
 ・関西学院大学商学部 柿原正郎さん
 ・名古屋工業大学 加藤雄一郎さん
 ・埼玉大学経済学部 並河永さん
 ・須磨国際学園情報通信研究所 池田信夫さん

 他に、かなりフォーマル(入試対策として高校生への広報などを目的?)なブログもあります。
 ・多摩ブログ(多摩大学)
 ・大阪経済法科大学学長ブログ

 大学教員のブログはまだ少ないですが、これからもっと増えてゆくと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

November 18, 2005

ITは子供の安全を守れるのか

 私のゼミのゼミ生(4年生)が、ITは子供の安全を守れるのかというブログを始めました。
 大学院にゆく学生であれば、学会に入って学会での交流を勧めるところですが、大学を出て就職する予定の学生の場合は、学会よりもブログでの交流の仕方をおぼえたほうがいいと考えています。そのほうが将来役に立つと思います。特に、現在ホットなテーマで卒論を書いているゼミ生には、ブログで積極的に交流するように言っています。
 この分野に関心をお持ちの方は、是非とも上記ブログを訪れて、コメントやトラックバック等をお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

クリック&モルタルでのBtoBtoC

 昨日、経営情報学会の秋期全国大会(福岡にて)で、発表してきました。
 テーマは、クリック&モルタル(ネット販売と店舗販売を両方行なうビジネス形態)でした。発表の中から一部ご紹介します。ネット販売する際の店舗網の活用の仕方がいろいろと工夫されています。ネット販売により店舗の売上が減らないように、ネットで販売しても、店舗の売上として計上する仕組みが多くの業種で見られます。以前ご紹介したノエビアも代理店に手数料が入る仕組みでした。
 他に,次のような事例があります。
ファミマ・ドット・コム --- 日経ネットビジネス 2001.2月号より
 ファミマ・クラブに入会する際に自分が所属する店舗を選ぶ。ネットで購入して宅配で受け取った場合、所属する店舗の売上になるというもの。なお、関連して、ファミリーマートから、「電子商取引フランチャイズシステム」(特開2001-265941)という特許出願があります。
・シャディ (ギフト) --- 富士通の事例集より
 日本全国で地域に密着した店舗があることが強み。チェーン店と共存共栄。ネット販売の売上も、顧客が会員となっている地域の店舗に計上。
・J&J アキュビュー (コンタクトレンズ) --- 販促会議 2005.12月号より
 まず、販売店を通して、眼科医で検診し、処方情報を登録。以降は、ネットのアキュビューアイケア サービスで注文可能。ネットからの売上は上記販売店に計上。

 他に、ネットを通したデジカメプリントでの店舗活用方法や、書店卸(取次)の運営するネット書店でのリアル書店活用方法もクリック&モルタルの典型的な例です。私としては、これらの事例をベースに、クリック&モルタルの在り方について分析しています。特に、シナジーの仕組みに注目しています。
 学会に行くといろいろと刺激を受けます。今後、どのように研究してゆけばいいかについて、いろいろ考えさせられました。福岡まで行った甲斐がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

携帯電話上にバーコードを表示して個人認証する特許の無効審判

 本日午後、特許庁での口頭審理を聞きにゆきました。9月に、JAL対ANAの口頭審理を聞きにいきましたので、今回が二度目です。今日の傍聴人は私を含め計15名でしたが、5~6人は特許庁の人のようでした。
 今日は、ジェネスという会社が持つ特許第3207192号「認証方法および装置」に対してデンソーウェーブが起こした無効事件(無効2005-80099)の口頭審理でした。この特許技術は、携帯端末(携帯電話等)上にバーコードを表示して個人認証を行う仕組みで関するもので、携帯電話へのクーポン配信/割引きや、携帯電話で請求情報をバーコード表示して決済するサービスで、使っている可能性があります。私のホームページでは、モバイル広告/携帯マーケティングのところに、ジェネスのサービスやこの特許のことを以前から載せています。なお、このジェネスの特許については、この無効審判の前に、成立直後に5箇所から異議申立てがされましたが、異議申立て不成立で維持が決定しました。つまり、もめている特許です。
 ビジネスとしては、デンソーウェーブはQRコード対応スキャナやQRコード生成ソフトウェアの販売はしてますが、システム全体の開発まではしていないようですので、ジェネスから警告されているとしたら、間接侵害の警告だと思われます。
 無効審判でデンソーウェーブ側は、2種類の材料で進歩性がないことを主張していました。1つは、たぶん「発券システム、券発行装置及び券使用装置」(特開平10-069553) のようです(口頭審理の場では公開番号を言ってくれませんでしたが、出てきた用語で検索したところ見つかり、図の特徴も一致するので、この公知例でしょう)。これは、旅館宿泊のクーポン等をバーコードで出力する発明ですが、デンソーウェーブ側は、特許第3207192号の特許は認証というよりも発券システムとも見ることができ、この公知例は途中に決済の処理が余分に入っているが、他の流れは同じであり、この公知例から容易に思いつく(進歩性なし)と主張していました。
 もう1つ、ワンタイムパスワードを生成する公知例を提示して、ワンタイムパスワードを生成するのと、この特許でバーコードを生成するのはよく似ている(つまり、進歩性が乏しい)、という主張もしていました。
 なお、ジェネス側は、この無効請求を受けて、既に訂正請求を行って(認められて)請求項を狭くし、新規性は逃れていました。無効審判の最中に、訂正請求ができることは知りませんでした。いろいろと勉強になります。
 進歩性の判断ですので、どちらにころぶか分かりませんが、一部の請求項は無効化されてしまうかもしれません。
 知財高裁の傍聴にも行ってみたいのですが、なかなかスケジュールが合いません...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

ネット広告/ネットマーケティング(eビジネス/eコマースの動向と技術)のページを更新

 本日、ネット広告/ネットマーケティング(eビジネス/eコマースの動向と技術)のページをアップデイトしました。最近、ネット広告関連についていろいろと調べましたので、まとめ直しました。
 内容としては、ネット広告市場の数値を最新にしたり、ブログマーケティングなどの動きや、AISAS・ロングテール等の情報源を加えました。構成としては、「検索エンジンマーケティング・検索広告」の位置づけがより重要になってきたため、「ネット広告の動向」のすぐ後ろにもってきました。
 関連するビジネス方法特許の情報も載せていますので、御興味ある方は、是非ご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

ブログ検索サービス(3)

 ブログ検索サービスについて、8月9月にご紹介しましたが、他にも、いろいろとサービスが始まりました。

 東京工業大学奥村研究室のblog watcherは、注目度(burst度)を分析するだけでなく、テキストマイニングまで行い、検索語に対してそのブログが好意的(ポジティブ)なのか否定的(ネガティブ)なのかを判別します。検索結果のブログ一覧にポジティブかネガティブかが表示されるため、商品名やサービス名で検索することで評判がすぐに分かるというものです。

 米Yahoo!は、ブログ検索(ベータ版)をニュース検索と統合した見せ方で開始しました。Yahoo! News Searchでニュースを検索すると、その右側に「BLOGS BETA」として、ブログの検索結果も表示されます。Internet Watchの記事によると、この試みについてYahoo!は、「ニュースサーチに“草の根ジャーナリズム”を持ち込む」という意図でこのような見せ方にしているとのこと。ブログがニュースメディアを補完するという位置付け論には賛成です。

 ピアミージャパンによるブログ検索サービスBlogHeaderは、「キーワードPlus」(入力語に関連したキーワードを自動抽出)が示されて、絞込みが楽にできるというもの。企業向けの検索サービスではこのような機能も見られますが、ブログ検索サービスに加えたもの。

 他に、地図から選ぶブログ検索サービスとしてmaplogが始まっています。「Google Maps API」を利用しているとのこと。MARSFLAGのブログ検索「ブロケン」は、検索結果でブログ画面のサムネイルを表示するもの。最短30秒で更新状況を結果に反映するとのこと。アクセラテクノロジのアクセラナビでは、「アクセラナビ検索ボックス」という機能を使うと、自分のブログに検索ボックスを加えることができます。

 各社のブログ検索サービスにはいろいろと特徴がありますので、用途によって使い分けるといいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

検索連動型広告での「言葉の相場」

 日経ビジネス2005.10.31号日本のマーケティングを変える グーグルとアマゾン ネット消費の真の支配者の特集の「言葉の市場が出現」という記事(P.32-34)に、検索連動型広告での「言葉の相場」の例が載っていました。なお、検索連動型広告とは、Google等の検索エンジンの検索結果で、「スポンサーリンク」として一般の検索結果より上に載せてもらうもので、言葉ごとに入札で単価(クリックされた場合に支払う金額)を決めています。

 言葉の相場表(オーバーチュアより。入札価格は10/15時点。検索回数は9月の月間回数)
  「キャッシング」 最高入札価格 3517円  検索回数 70335回
  「融資」      最高入札価格 2345円  検索回数 47334回 
  「バイク 買取」 最高入札価格 2014円  検索回数 50894回 
  「自動車保険」  最高入札価格 1701円  検索回数 181012回
  「探偵」      最高入札価格 1500円  検索回数 60056回
  「浮気調査」   最高入札価格 1500円  検索回数 11908回

 このような「言葉の相場」はどのような要因で決まるかがとても気になりました。仮説としては、次の要因が強く関係してくると思います。
 ・困っている/悩んでいる程度
 ・商品/サービスについて信頼できる情報が得られにくい度
 ・人に聞きにくい度
 ・広告主にとって顧客から得られる収益の大きさ

 こういうのも、おもしろい研究テーマになるかと思います。どなたか研究してみなせんか?

 また、この日経ビジネスの特集には、以前ご紹介したAISAS(ネットでの消費行動のモデル)のこともP.39に載っていました。「SIPやら」ブログのmazbeerさん、トラックバックありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »