« 松下電器 vs ジャストシステム 特許問題 (2) | Main | ノエビア、販売店ブログで販路拡大 »

October 05, 2005

Yahoo Japanの検索結果の表示が変わりました

 今週から、Yahoo!検索のリニューアルにより、Yahoo Japanの検索結果の表示の仕方が変わりました。これまでは、Yahoo Japanで検索すると、まず、Yahoo!カテゴリに登録された内容が上位に表示されていました。この仕組みは、「階層状に複式化されたドキュメントからの情報検索(特表2001-522097)」という特許出願をしている仕組みで、米国では、Information retrieval from hierarchical compound documents(USP 5,991,756)として特許成立している、Yahoo独特のものでした。今回は、その仕組みを少し後ろに持ってくる感じで、Googleのような検索エンジンに対抗するようにしたものです。検索結果の表示の中で、Yahoo!カテゴリについては1行だけ表示され、必要であれば、1回クリックすると従来のような表示もできます。ですが、Yahoo!カテゴリよりも、キーワードによるロボット検索が重視されるようになりました。
 この変更は、「ロングテール」と呼ばれるような、利用者からの検索用語の多様性が明らかになってきたためのようです。つまり、利用者が探している内容が、Yahoo!カテゴリに入っていることが少なくなってきたためのようです。しかし、この変更で、Yahooのリスティングビジネス(Yahoo!カテゴリへの有料登録による広告収入)に影響が出るかもしれません。そのような影響がありえても、検索のインタフェースを変更する決定をしたことに、YahooがGoogleのビジネスを強く意識していることが分かります。

|

« 松下電器 vs ジャストシステム 特許問題 (2) | Main | ノエビア、販売店ブログで販路拡大 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/6264617

Listed below are links to weblogs that reference Yahoo Japanの検索結果の表示が変わりました:

« 松下電器 vs ジャストシステム 特許問題 (2) | Main | ノエビア、販売店ブログで販路拡大 »