« ロシア車事情 | Main | 自動販売機での飲料販売における情報化戦略 »

September 08, 2005

楽天のLinkShare買収はソフトバンクの真似?

 楽天が、アフィリエイト大手のLinkShareを買収し、ITニュースのブログなど、いろいろと話題になっています。このニュースを知った時、楽天の狙いはソフトバンクの米国進出時とよく似ている、と感じました。
 ソフトバンクは、1995年にThe Interface Group(コムデックスを主催)やZiff-Davis(大手IT関連出版社)へ出資したことにより、IT関連の将来の目利きがよくなったことで、Yahooの将来性が高いことを知りました。そこで、1996年にYahooへ多額の出資をし、結局大成功しました。
 楽天も、アフィリエイト大手のLinkShareを通して、米国での有望なネット企業を探そうとしているようです。確かにアフィリエイト大手であれば、有望なネット企業の情報が入りやすいでしょう。
 三木谷社長は、すごい冒険をするタイプというよりも、セオリーやこれまでのベストプラクティスを検討した上で、堅実に事業を伸ばそうとするタイプだと感じています。興銀出身らしさがでています。

|

« ロシア車事情 | Main | 自動販売機での飲料販売における情報化戦略 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85591/5842629

Listed below are links to weblogs that reference 楽天のLinkShare買収はソフトバンクの真似?:

« ロシア車事情 | Main | 自動販売機での飲料販売における情報化戦略 »