« June 2005 | Main | August 2005 »

July 13, 2005

スーパーのオーケーの自動発注システム

 先週金曜日(7/8)の日経MJの1面に、「その安値 秘訣はIT 躍進スーパーの活用術」という記事があり、その中で、スーパーのオーケーの自動発注システムが紹介されていました。牛乳や豆腐などの日配品の自動発注の仕組みで効果を出したとのこと。
 米国などで既に特許取得と書かれていたので調べましたが、米国特許番号6,668,245がその特許のようです。日本では、「商品の予約発注個数決定方法 」(特開2001-142977) が出願されていますが、既に拒絶査定を受けてしまっていて、現在は査定不服審判中です。なお、発明の名称は予約発注になっていますが、最終的な確定発注の自動化のことも書かれています。
 なお、このオーケーの自動発注システムは、食品商業2004年11月号の「自動発注の真価」という特集にも紹介されていて、主な仕組みは、この記事に書かれています。いろいろな条件で数値の補正はしていますが、基本は「PI値(来店客1000人あたりの販売数量)×予想客数」で算出しています。EDLPで来客数が読みやすいということもあるようですが、かなり単純な算出方法でも効果をあげているようです。なお、この食品商業の特集には、良品計画の事例も概説されています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 08, 2005

ビジネスゲーム

 私のゼミでは、本や事例の資料を輪読するのをメインにしていますが、ディベートやビジネスゲーム等の演習も時々行なうようにしています。今週のゼミでは、電卓でできるビジネスゲームという本を使って、4チームに分かれてビジネスゲームを行ないました。コンピュータ教室ではないため、まずは簡単なものを行ないました。(次はもっと高度なものを行ないたいと考えます。)
 やり方としては、私のパソコンのExcelにゲームでの計算内容の式をあらかじめ入れておいて、授業中に各チームから出てきた販売価格等をそのExcelシートに入力し、プロジェクタで途中経過をスクリーンに表示して、各チームに次の販売戦略を考えてもらうようなやり方を取りました。学生は、利益を高めるための数値(販売数量を予測して在庫があまり出ないようにするなど)を電卓で計算できるので、各自にコンピュータがなくても大丈夫です。
 手始めに「価格戦略」(2章)を3期間行い、次に、「価格戦略-生産-マーケティング戦略」(4章)を5期間行ないました。最初にゲームの説明をしたり、途中で結果を解説したりすると、1コマ(1.5時間)で行なうにはちょうど良い分量だと思います。作ったExcelファイルは、こちらです。
 なお、 この春学期のゼミナールのメインは、流通ビジネスモデル―経営革新と情報システムという本の輪読でした。春学期に流通の基本を学んだ上で、秋学期にはeビジネスを学習させます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »